妊活から二人目の出産と育児

苦しんできた膀胱炎(ぼうこう炎)の体験

膀胱炎の症状

膀胱炎は大腸菌などの細菌が膀胱内に入り、増殖することが原因で炎症が起きるものです。

私が初めて膀胱炎になったのは、高校生の時でした。

当時の膀胱炎の症状のイメージは、トイレの回数が増えるという感じだったのですが、思っていたものとは違く「残尿感とその後のジーンとする痛み」でした。

今だったら自分の保険証で自分の判断で病院へ行くことができますが、当時は親に相談することが先だったので、少し恥ずかしさもありました。

とにかく、残尿感と膀胱のジーンとした痛みに耐えられることが出来なくなり1週間くらい我慢した後、親に相談し病院へ行った記憶があります。

私が膀胱炎になったのは冬の時期だったのですが、当時は冬の寒い時期にもかかわらず短いスカートを着ていて、足もお腹も冷えてしまったのが原因だったのかなと思っています。

水分を多くとって、菌を外に出さなくてはいけないのですが、授業もあるし水分も多く取れないし、思った時にトイレに行けなかったので辛かったのを覚えています。

先生に相談すればよかったのですが、担任の先生が男性だったので恥ずかしくて言えませんでした・・・。

このころから、膀胱炎が慢性化してしまったような気がしています。

時々トイレが終わった際に、膀胱のあたりがキーンと違和感を感じる時があります。そんな時には膀胱炎になるかも?という前兆だと思っています。

その後キーンという感覚が、残尿感を感じた時にジーンという違和感に変わります。

トイレ後のこの痛みに耐えるのが辛くて、トイレに行くのが嫌になってしまうので悪循環なんですよね。

とにかく排尿をして菌を出さないといけないですから。

想像よりも痛みがある膀胱炎ですが、トイレに行く前は特に痛みがないので、膀胱炎ってことを忘れてしまう時もあります。

15年以上は膀胱炎を繰り返し発症しているのですが、膀胱炎の症状が酷くなると、常に膀胱に違和感を感じるので生活にも支障があります。

 

 

膀胱炎の原因

以前主人に、「膀胱炎の辛さわかる?」と聞いたら「膀胱炎になったことない」という返事が返ってきました。

女性の場合、尿道が膣や肛門に近いので殺菌が入りやすいようです。

男性よりも女性の方が膀胱炎にかかりやすい原因はここにあるんですね。

膀胱炎になったことがないなんて、本当にうらやましい。

一般的に考えられる膀胱炎の原因はたくさあります。

・トイレを我慢する

・排便の拭き方

・性行為後などに清潔にしていない

・妊娠の抵抗力の低下

・生理中や産後の出血

・ストレスや疲労、寝不足が原因で抵抗力が低下

・ダイエットによる栄養不足で抵抗力が低下

・体が冷えて血流が悪い

などがあります。

私が膀胱炎になったと考えられる原因は、

・冷え・性行為・生理中・ストレス・疲労じゃないかなと考えています。

それに気を付けなければいけないのが排便の拭き方です。

後ろから前に拭いてしまうと、尿道に向かって菌を運んでいるという感じになります。前から後ろに拭くように心掛けるのがいいそうです。

友達に聞くと皆そうしているそうですが、私は、小さいころから後ろから前に拭いていました。

親はどうして正しい拭き方を教えてくれなかったんだろう?と少し恨みました。

毎回意識して拭かないと、ついつい後ろから前に拭いてしまうんですよね・・・

膀胱炎になりやすい原因の一番はここにあるのではないでしょうか?

自分の子供には絶対に前から後ろと指導しようと決めています。

 

 

膀胱炎の市販薬(治療薬)の経験

始めて膀胱炎になった時にもらった薬は、抗生物質でした。

1週間分の薬をもらったのですが、3日間くらいで症状が治まったので抗生物質を飲むのを止めてしまいました。

その1ヶ月くらいに再発していましました。

また同じ薬を処方してもらったのですが、先生から「治ったとしても必ず最後まで薬を飲むように!」と、きつく怒られたのが記憶にあります。

その後は数年間膀胱炎を再発する事はなかったのですが、膀胱炎になりそうだなと感じた時には、市販薬の漢方薬を飲みました。

完全に膀胱炎になってしまう前に飲むと効果がありますが、膀胱炎を発症した時には効き目がなく、結局は病院へ行くことになります。

私が今まで飲んだことのある漢方は、ツムラの「腎仙散(じんせんさん)」です。

始めて漢方を飲んだのは、成田空港でした。

旅行へ行く前に少し残尿感を感じたので、旅先で再発してしまったらどうしようと不安になり急きょ購入したんです。

空港の薬局にも売っているくらいだから、意外に膀胱炎の薬はニーズがあるのかも?

膀胱炎になるかも?と感じた時点ですぐに飲んだのが良かったのか、効果はありました。

本格的に膀胱炎になってからだったら効き目はどうだったのかな?

膀胱炎になってから飲んだ薬は、CMなどでも耳にしたことのある「ボーコレン」です。

病院へ行かなくても治るかもと思って買った薬です。最近は薬局に薬剤師の方がいるので、相談して薬が買えるのでとっても便利ですね。

結局、膀胱炎が完治するという効果は私にはありませんでした。

膀胱炎になってしまったら、やっぱり病院で処方してもらえる抗生物質を飲んで治すしかないのかな。

 

 

膀胱炎の診察、検査と診断

膀胱炎って、何科で診てもらった方がいいの?泌尿器科で診てもらった方がいいの?と思い込みがありますが、行きつけの診療所や内科で十分です。

ただ、慢性化してしまったり、血が出てしまった場合は泌尿器科で診察してもらった方がいいそうなので、恥ずかしがらず早めに受診する事をおすすめします。

私は2週間も我慢して血尿までに進展してしまった事があるので・・・。

初めての膀胱炎の時は、どこに行っていいのかわからず、とりあえず子供の頃から通院している近所の内科で診てもらいました。

検査はとっても簡単で、症状の説明と尿検査だけです。尿検査ですぐに「膀胱炎」と診断され薬をもらえます。

過去に2度、海外でも膀胱炎になったことがあるのですが、この時は海外保険に入っているので日本人スタッフがいる指定されている病院へ行きました。

海外でも同様で、症状の説明と尿検査のみの診察でした。あっさりと、膀胱炎との診断でした。血尿まで出たのにあっさり終わり(笑)

どこの病院でも言われることは、出された薬を最後まで飲み、トイレを我慢せずにたくさん水分をとってたくさんトイレに行くことでした。

病院でもらった薬を飲み、1週間経った頃にはすっかり治っていました。

クランベリージュースがいいと聞いたので、飲んでトイレに行っての繰り返しです。

 

 

繰り返す膀胱炎

膀胱炎になって、病院で処方してもらった抗生物質を飲み終わったら膀胱炎が完治する、という訳ではありません。

油断しているとすぐに再発してしまうんです。

過去に数回膀胱炎が再発していますが、軽いものから血尿に発展した時があります。

膀胱炎になりそうだなと思った時には、すぐに市販の漢方薬を飲んで対処していたのですが、海外に長期で行っていたため、持って行った膀胱炎の薬を切らしてしまいました。

暑い国だったので膀胱炎にならないだろうと油断してしまったんです。

恐らく原因はストレスと疲労、寝不足だったと思います。

慣れない外国暮らし、大人になってからの語学学校での勉強、がストレスと疲労を生み出したんだと思います。

初めは疲れがたまっているなぁという感じで、食欲もなく5キロくらい体重が落ちてしまいました。

免疫力が低下していたのか、残尿感を感じるようになり徐々に痛みが酷くなってきました。

海外保険には入っていたし、すぐに病院へ行けばよかったのですが、学校もアルバイトもあったし、シェアハウスの引っ越しもあり膀胱炎を我慢してしまいました。

結局、1週間くらいしても良くなる傾向になかったので、病院へ行きました。

その2年後、また海外で再発してしまいました。

この時に、クランベリージュースを飲むと治ると聞いたので、クランベリージュースを飲みながら自然治癒を目指したのですが、
結局痛みを我慢できず血尿が出る程になってしまったんです。

血尿が出た時は本当にびっくりしました。排尿する時にツーンと痛みがあったので、あれっ?と思い見てみると血が出ていました。

膀胱がジーンとかなり痛く、排尿してから5分くらいは膀胱の痛みが続きました。結局は、自然治癒なんて無理で、病院へ行くことになっちゃいました。

ストレスや疲れが溜まっていた事もなかったので、原因は不明です。

あの時の痛みは8年経った今でも忘れられません。

この時の膀胱炎が過去一番酷く、1度の治療では治らず2度も通院しました。

膀胱炎が慢性化してしまうと、旅行へ行ったり暮らしに変化があるだけで再発してしまうので苦労してしまいます。


関連記事