妊活から二人目の出産と育児

排卵検査薬を使っているのに妊娠しない! まさか不妊症?…と思ったら

パートナーとの時間を楽しみたいから子供はまだ…

とはいえ、授かり婚もありな時代。

そのうちデキちゃうかも??

そんなことを思いながらも意外とできない赤ちゃん。

いよいよ、本格的に子作りに励んでみてもなかなか妊娠しないのはなんで?

排卵検査薬使って排卵日をチェックしているのに。

まさか不妊症?

不安を感じているあなたが少しでも楽になるようなお話をします。

 

妊娠ってなかなかしないものです。

一般的にセックスをして妊娠する確率は20〜30%と言われています。

ピンとこないかもしれませね。

天気予報で考えてみましょう。

もし、本日の雨の予報が20〜30%だった場合どう考えますか?

おそらく「今日は降らないだろうな」と考えるでしょう。

そうなんです。

妊娠の確率は意外と低くいんですね。

ちなみにこの数字は「累積妊娠率」といい、個人の妊娠の確率ではありません。

一周期目で100組のカップルが妊娠する確率です。

100組のカップルのうち一周期目で20%程度妊娠していく計算。

累積の確率ですから、5〜6回ほどで妊娠できるということです。

もし、6回は越えたからと不安になる必要はありません。

あくまで全体の累積の確率であり、個人の妊娠率ではないです。

 

タイミングの取り方がズレている?

知っているかもしれませんが、妊娠はタイミングが大事です。

どんなに健康な状態で子作りに励んでいても、タイミングを逃せば子供は授かれないでしょう。

そのタイミングはいつか知っていますか?

それは、排卵日の2〜3日前。

排卵の当日や1日前だと精子が力尽き、受精卵を作る機会を逃すことが多くあります。

実は正確に排卵日に合わせ子作りをしていると妊娠は難しいんです。

卵子も精子も妊娠にちょうど良いタイミングがあります。

卵子は排卵後6時間程度経つと、能力がどんどん下がるんです。

一方、精子は6時間程度たってからどんどん活発になる、という特性があります。

ですからタイミングを逃すと、いつまでも巡り会えないわけです。

なかなかできないのはたった少しのズレかもしれません。

 

意外にも不妊の原因は男女で半々。

妊娠の確率は年齢である程度決まってしまいます。

そもそもの確率が低いので、早めが良いと言われる所以でしょうか?

やはり年齢が上がってくると、妊娠の確率もそうですが出産のリスクも考えられます。

とはいえ、必要以上に繊細になることはないです。

知っておくべきことを知っておくだけでも違うかもしれませんね。

なかなか子供を授かれないとまずは「女性の問題なのでは?」と思われがちです。

実は、いわゆる不妊の原因は男女等しくあるんです。

男女ともに原因の4割ずつを占め、残りの1割が原因不明と言われています。

だからこそ、子作りが身を結ばない場合、冷静に問題を探す必要がありそうです。

健康面、体質に不安がなければ先ほどのようにタイミングが問題かもしれません。

生理関係で思うところがあれば女性側の検査をしたほうが良いでしょう。

それから、男性は自覚症状がないことが多いです。

目立った症状がなくても、精子の質を確認しておくのも必要かもしれません。

不妊かもしれないと悩んでもなかなか自分では解決できないでしょう。

専門のお医者さんに行って相談したり、性液の検査、排卵検査薬も質の良いのを選んでみるなど試してみてください。

妊娠はパートナーとの共同作業です。

お互い協力して、妊娠に向け冷静に分析してみましょう。

 

できることはたくさんあります。

「不妊かもしれない」と不安で、赤ちゃんを授かれないのはストレスも感じますよね。

まずはできることから見つめ直すことをお勧めします。

不妊治療が必要な場合、体力、精神力、お金の3つの要素が重要です。

もし、上の3つのうち1つでも欠けたら続かないでしょう。

ですからできることからやっていくのが良いと思います。

まずはタイミング法。

それから、性液の検査や生活習慣の見直し、改善ですね。

身近なところにほど原因があったりしますから是非試してみてください。

年齢によっては、体と相談し、早めの行動が必要になってきます。

例えば、高度不妊治療の検討も選択肢としてありますからね。

せっかくの子作りです。

一番は前向きに希望を持って励むのが良いと思います。

そもそも妊娠する確率は低いのですから。


関連記事