妊活から二人目の出産と育児

生後1ヶ月の風邪

生後数か月間は、母親の免疫があるので風邪を引かないと聞いていたのですが、赤ちゃんが鼻かぜを引いてしまいました。

やっぱり幼稚園に通っているお兄ちゃんと生活していると、お兄ちゃんの風邪がうつってしまうんですね(汗)

上の子は熱も咳も鼻水もでましたが、赤ちゃんは鼻水だけで済みました。

やはり完全母乳で育てているお蔭のようです。

こんな時は、母乳が出てることに感謝しちゃいます。

1ヶ月検診の時に先生に鼻水が出ている事を相談したのですが、「病気にかかる子はかかってしまうので、母乳で育てているからといって油断しないように。

熱が出ていないかしっかりと観察するように」と、産婦人科の先生から注意されました。

母乳が抗体を付けてくれるのですが、産後に出始める「初乳」と言われているものを飲ませるのがいいそうです。

普段出ている母乳は白くて水っぽいのですが、初乳は少しクリーム色っぽくてトロリとしているものでした。

産婦人科でも母乳育児が推奨されているのですが、やはり初乳を積極的に飲ませるようにと言われていました。

私の友達でミルク育児を希望していた子がいたのですが、初乳を飲ませるために初めのころだけ母乳育児をしていました。

6ヵ月にもなれば乳食も始まり、母乳を飲む量が徐々に減っていきます。その頃には母乳の免疫効果がなくなるようですね。

赤ちゃんの鼻かぜはとっても大変でした。鼻が詰まってしまって眠れないようで、すぐに起きてしまうし・・・。

寝たかなと思ってベットに置くと、すぐに起きてので私も寝不足になってしまいました。

赤ちゃんが風邪を引くとご機嫌が悪くなってしまうのでとっても大変(汗)常に抱っこしている日々が数日続きました。

鼻水を自力で出すことができないので、おっぱいもとっても飲みずらそう。

そこで役に立ったのが鼻水取り器でした。電動のタイプも売っていたけれど、予算的に自分で吸うタイプにしました。

赤ちゃんの鼻にストローみたいのを入れて、チューブを吸うと容器に鼻水が取れるというものです。

上の子はこれをすごく嫌がったので全然使う事がなかったのですが、ベビちゃんは大人しく吸われています(笑)

鼻水が取れるとスッキリするようで、おっぱいを飲んで寝てくれました。

それに斜めになるクッションを置いてあげると、多少鼻水が楽なようで寝る時間も長くなりました。

鼻水を吸い込むわけではないのですが、菌が入るようで私にも風邪がうつり2日間ダウンしちゃいました(汗)

鼻水取り器はおすすめだけど、自分も風邪を引いてしまうので要注意です!

まぁ、これを使わなくても子供が風邪を引くと看病して寝不足になるので、自分も風邪を引いちゃうんですけどね。。。


関連記事