妊活から二人目の出産と育児

出産当日  ママ頑張りました!

「えっえっえっ???もう行くんですか?」とかなり驚きました。

前回は12時間も陣痛を我慢していたし、まだ病院へ来てから1時間くらいしかたってないのに。

ていうか、立ち合い希望の主人は間に合わないかも?写真撮ってもらえないかも?と考える余裕があるほどなのに。

「そろそろ分娩室いくね」と主人にメールして陣痛が治まったタイミングで、分娩室に移動しました。

前回は、分娩室の景色やまわりの様子を見ることも出来なかったし、会話もできる状態じゃなかったけれど、今回はなぜか少し余裕がありました。

手際よく動く助産師さんに「いぼ痔が悪化するのが心配です」と、念のため伝える余裕も(笑)

夜だし、病室は満室だし、経産婦だしというのもあるけれど、担当してくれる人が1人しかいなくて手抜きされてるのか?と思うほど、分娩台では孤独・・・。

と余裕な気分もつかの間、徐々に陣痛の痛みが強くなり耐えるのが辛くなってきました。

出産前のリハーサル教室で、呼吸方法とかいきみ方の練習もしたけれど、頭が真っ白になっていてすっかり忘れていました。

助産師さんの誘導で、呼吸を整えたり、いきんだりもう何も考えられないくらいになっていました。

「そろそろ産まれるのでお願いします」と先生を呼び出して、先生が状態を見てそろそろだからご主人を連れてきてもいいよと助産師さんに伝えました。

「間に合ってよかった」と思ったのもつかの間、

「息吸って~吐いて~息吸って~吐いて~次の呼吸でいきんで~吸って~止めて~」多分これを2、3回くらいしたのか?

頭がお尻からぼわぁ~っと出てくるのが分かりました。

これは本当にスイカが出てくるって感じでしたね。

前回のお産の時には全然気が付かなかったけれど、頭が出ているという感覚がわかりました。

そして次の陣痛で、ぐぐーっと赤ちゃんがお産まれになりましたぁ。

やった~無事に産まれたぁ~。

拭いてもらった赤ちゃんをお腹に乗せてもらって写真撮影も無事に出来ました。

胎盤が出てくる感じもわかり、それを目で見る余裕もあり、1人目と2人目って本当に違うんだなぁと実感。

陣痛を我慢する時間が短かったせいか、体の疲れも少なかったけれど疲れたぁ。

アドレナリンが出まくっているので、病室で横になっても全然眠れずでした。

産後は横になっていないといけないので、赤ちゃんも見に行けないし、主人も帰ったし・・・。

子宮の戻りの確認をされるのですが、グーッとお腹を押されてそれがかなり痛い!陣痛よりも痛い!

そして、痛み止めが聞くまで子宮が本当に痛くて痛くて、それを我慢するのに必死でした。

これが後陣痛というものだったんでしょう。

経産婦さんは、子宮の収縮がよく戻りが早いので痛みが強いそうです。

私は陣痛よりもこの痛みの方が嫌でした。ゆっくり寝たいのに、眠れない夜でした。

でも、赤ちゃんを産むって本当に感動しますね。ママ頑張りました。


関連記事