妊活から二人目の出産と育児

どんどん成長する赤ちゃん

赤ちゃんが産まれてからは、24時間体制で赤ちゃんを見守る生活が続きます。

赤ちゃんが少しでも泣けば、

どうしのかな?

オムツ?

寒い?

暑い?

おっぱい?

泣くことしかできない赤ちゃんの気持ちを察するのはとっても大変です。

1人目の時はもっと慎重に子育てしていましたが、2人目だと少しは気持ちが楽なものですね。

ただ、上の子と違ってミルクの吐き戻しの多かったので、授乳後の30分間くらいは心配で眠れない日々が続きました。

昼間はいいのですが、夜中になると眠たさとの闘いでした。

その吐き戻しも1ヶ月すると、ほとんどなくなっていったので安心して少しは眠れるようになりました。

新生児の赤ちゃんは自分で飲む量を調節することはできないので、飲みすぎたら吐き戻してしまうんでしょうね。

ミルクなら量を調節できますが、完全母乳なのでどのくらいの量を飲んでいるか分からないですからね。。。

2ヶ月を過ぎると肉好きも少しよくなり、顔がまるまるしてきました。

飲む力も強くなり、新生児のころに比べるとよく飲んだので、げっぷをさせるために背中をさすっていると、ドバーッっと吐き戻すこともありました。

でも、体重も順調に増えているし、噴水のような吐き方ではないので安心。洗濯物が増えるのが困ったくらいかな(汗)

3ヶ月になる頃にはビックリするくらい肉付きがよくなり、まるまる太った赤ちゃんになっていました。

太ももは細かったのに、ムチムチに(笑)

夏用に買っておいた70のカバーオールがパンパンになってしまい、ボタンが締めにくくて大変!

吐き戻しが多かったから、おっぱいが足りているのか心配していたのに、いつのまにか大きな赤ちゃんに。

2916gで産まれた赤ちゃんは1ヶ月検診では4590gになりました。

母子手帳にある乳児身体発育曲線のグラフでは基準の真ん中くらいだったのに、ギリギリのところまで大きくなっていました。

上のお兄ちゃんもムチムチの赤ちゃんだったので、やっぱり兄弟は似るんですね。

股関節脱臼の検診の時に計った2ヶ月20日目には、体重が7090gになっていました。

グラフを大きく越してるのでびっくり。

なんでこんなに大きくなってしまったのでしょうね?(笑)

成長しないよりは、多くなった方がいいかぁと言い聞かせてます。

数か月後には80のロンパースも切れなくなってしまうでしょうね。。。

赤ちゃんのうちはつなぎの服が可愛いのに、早めにセパレートに買い替えかも?!

女の子に服を着せるのを楽しみにしていたのに、大き目の子だと着る服が限られちゃうだろうなぁ~。


関連記事