妊活から二人目の出産と育児

お宮参り

赤ちゃんが産まれてから30日目にお宮参りへ行ってきました。

男の子は生後30日目、女の子は生後31日目と一応決まりがあるそうです。

我が家は主人の仕事の休みの都合と、義理の母が大阪から来る都合で30日目になってしまいました。

最近では、日にちにはこだわらずに産後の体調や赤ちゃんの様子、季節などの都合で日にちを決める人が多いみたい。

お宮参り当日は、皆コンディションが悪くて大変でした。神社に予約してあるし、大阪からお母さんが来るし、日程の変更できない(汗)

私は寝不足で風邪気味、長男は風邪&赤ちゃん返りでグダグダ、私の母も風邪、主人も風邪気味。

そんな中、義理の母にも気を使わなくてはいけないし、赤ちゃんの面倒、長男の面倒で目が回るくらい忙しい!

泊まる部屋を掃除したり、布団を準備したり、駅に迎えに行ったりで休む暇なし(汗)

新幹線で遠くまで来てくれているので、楽しい思いでを作って帰って欲しから、風邪を引いている事や体力の限界という事は伝えませんでした。

寝不足が続いていることは義理の母も知っているので、お宮参り当日の朝食は簡単なもので勘弁してもらいました(笑)

掃除してないとか、料理がおいしくないとか、小言を言わないお母さんなので本当に助かります。逆に気を遣わせたかも(笑)

お宮参り当日、赤ちゃんには長男の時と同じ、真っ白のドレスを着せました。

男の子の時は白いドレスに違和感があったけど、女の子が着るとさらにかわいい♪

神社で羽織る物を貸してくれるので、白いドレスにおくるみをしていきました。

私は産後用の大き目のワンピースで(笑)一応写真を撮るので前回とは違うワンピースにしてみました。

産後1ヶ月では、全然体重が戻ってないので、顔がぱつんぱつん。今見ても恥ずかしい写真ばかりです。

お宮参りの席では赤ちゃんを抱っこするのは、主人の母親というのが一般的なようですが、義理の母も私の母も足が悪いので私が抱っこしていました。

最近は、細かいしきたりがなくなってきたうえ、お宮参りさえ行かないという人もいるようですね。私の友達でも数人います(汗)

御祈祷をしていただいている時に、赤ちゃんが泣いてしまったというアクシデントもありましたが、無事に終了。

写真館で写真を撮る予定はないので、神社で借りている衣装でたくさん写真を撮りました。

大阪の風習らしく、赤ちゃんの上にお金の入った祝い袋をおく「紐銭」というのをやりました。

意味合いとしては、子供の将来をお祝いという感じのようです。

中は1000円と2000円なので、お返しなどはいらないようです。赤ちゃんへのお小遣いですかね?

関東にはこういう風習はないので、私の母はビックリしていました(笑)

大阪を中心とした関西方面では当たり前の風習なんですね。

無事にお宮参りも終わり、お食事への流れだったのですが私と母はダウン。。。

義理の母と主人と息子の三人で行ってもらいました。

息子も風邪気味で食欲はなかったようですが、せっかく義理の母が来てくれているので一緒に連れて行ってもらいました。

嫁としての務めは全然出来なかったので、またお正月に帰省する時に頑張ろ(笑)


関連記事