妊活から二人目の出産と育児

産婦人科 相部屋のトイレ事情

出産後、主人も帰ったので寝ようと思ったのですが、なかなか眠れませんでした。

一人目の時もそうだったのですが、出産のアドレナリンが出ているせいか、体は疲れているのに眠れません。

といっても産後すぐは動いてはいけないので、横になっているしかないんですよね。

そうこうしているうちに、隣のベットに妊婦さんが入院してきました。

今回は相部屋だったので、今日ぐらいは次の妊婦さんが入院してこないといいなぁと思っていたのに、もう来てしまった・・・。

だんだん眠たくなってきたのに、隣の人たちの話声がうるさくて眠れず・・・。

経産婦さんのようで、入院して1時間もしないうちにお産へ行ってしまいました。

その間少し眠ることができたのですが、お産から戻ってくるとまた家族の人たちの話声がうるさくて眠れず・・・。

やっぱり相部屋は嫌だなぁ。

でも、ここ数日はお産が続いていたようなので、個室は満室で数日は空かない言われていました。

退院するまで、相部屋決定。

初日は隣の話声がうるさく感じたりして嫌だったけれど、翌日にはお隣のママさんと話す機会があって、すっかりとそんな気持ちはなくなっちゃいました(笑)

でも、やっぱり相部屋だと気を使ってしまいます。歯磨きや洗顔のタイミングとか、来客とか、赤ちゃんの授乳とか・・・出来れば一人でのんびりやりたかったなぁ。

それに相部屋の一番気になるところは、やっぱりトイレですよね。大きい方がなかなかしにくくて(汗)

私、痔が気になってしまってなかなか大きい方ができなくて、結局退院の前日まで便秘になってしまいました。

先生に相談し、漢方薬を処方してもらいました。

「産後はあまり踏ん張らない方がいいですか?」と聞いたら、「全然気にせずやってください」って笑いながら言われちゃいました(笑)

会陰切開の傷が気になって踏ん張れないと思いがちですが、全然大丈夫なんですって~。

朝とお昼に漢方を飲んだら、夕方頃にはトイレに行きたくなりました。

隣のママのご主人がお見舞いに来ていたので、恥ずかしくてトイレに行けませんでした。

この機会を逃したら、またいつになるかわからないので、絶対に出さなくっちゃと思い、1階の待合室のトイレに駆け込みました(笑)

痛かったらどうしようと不安もあたけど、思い切って踏ん張ると、すんなりと出てきました(笑)

後にも先にも、こんなに良く出た日はないでしょうね(笑)

楽しくもあり、すこし窮屈でもある相部屋生活もあっという間に終わり、主人と息子が迎えに来て退院の手続きをしました。

恐らく3人目を産むことはないだろうから、病室やナースステーションや新生児室をぐるっと見て回り、名残惜しいけれど先生や看護師さんに挨拶をして退院しました。

久しぶりの家はやっぱり最高です。

入院中はなかなかぐっすり眠れなかったので、赤ちゃんが寝ている間にリビングのソファーに寝ころんだらすぐに寝ちゃってました(笑)


関連記事