妊活から二人目の出産と育児

子宮内膜症、放っておいたらどうなる?すぐに治療が必要?

20代から40代の女性の間で子宮内膜症にかかる人が増えていると言います。

自覚症状がある人からない人まで様々ですが、比較的若い世代でもかかりやすい病気だということを考えると、誰もが気にかけた方が良い病気だと言えるでしょう。

なんだか最近生理痛が重い気がする、何となくトイレの時お腹が痛いかも、ということがあれば子宮内膜症になっているかもしれませんから、少しでも気になることがあればすぐに病院で診てもらうと良いでしょう。

しかし、お腹に痛みが走ることなんてよくあることだし、別に問題は感じないのに産婦人科に行って内診してもらうの嫌だなあと感じる方は多いと思います。

子宮内膜症って放っておいたらダメ?そんなに急を要する病気なの?自然に治ったりしないの?治療するとしたらどんなことするの?

ここでは、そんな疑問にお答えしたいと思います。

子宮内膜症は急を要する病気?

子宮内膜症そのものは、放っておいたらかと言って命に関わる病気ではありません。

しかし、治療をせずに放っておくと症状はどんどん悪化します。子宮内膜症から、子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮腺筋症と言った病気に派生することもあります。

悪化すると大変苦しい痛みを伴いますから、早くに発見・治療できるに越したことはありません。

また、子宮内膜症が原因でできるチョコレート嚢胞はまれにですが悪性化と言って、卵巣がんを引き起こすことがあります。

これを放置すれば当然命に関わりますから、やはり治療は早くにしておくことをおすすめします。

しかしどちらかというと、命に関わるかどうかよりも不妊症になる可能性が高いという点が子宮内膜症の放置を避けるべき大きな理由となっているのではないでしょうか。

子宮内膜症だからと言って必ず不妊になるという訳ではなく、はっきりとした原因は特定できていないのですが(不妊と成り得る原因が多岐に渡るため人によって違うというのが正しいでしょうか)、何らかの理由で不妊の引き金になるということはよく知られています。

悪化すればするほど不妊になる可能性は高いですし、子宮内膜症を患っている方の不妊治療はまず子宮内膜症の治療からということになり、時間的なロスも大きくなりがちです。

将来子供が欲しくなったとき子宮内膜症に苦しんでいれば、あのとき早めに治療しておけばと必ず後悔します。

子供はいらないと考えていたとしても、子宮内膜症自体が痛みを伴う病気ですので、余計な持病は持っていないに越したことはありません。

自然に治ったりしないの?

子宮内膜症が自然治癒することは珍しいようですが、かつては仮に子宮内膜症があっても症状が悪化せず、そのまま軽快ということもよくあったようです。

なぜ昔は症状が治ることがあって今はないのかと言うと、女性が生涯に経験する月経に量が、今と昔では全然違うということが大きな理由です。

かつての日本人女性は多産な方が多かったため、それだけ妊娠期間、授乳期間が長く、一生涯で経験する月経は50回程度だったと言われています。

現代では、初潮が早いこと、晩婚化、少子化などが原因で、女性が一生涯に経験する月経の回数は500回にまで増えていると言います。

なぜ月経の回数が増えると子宮内膜症になるのかと言えば、子宮内膜症がエストロゲンという子宮内膜の増殖や剥脱をコントロールするホルモンの影響を大きく受けているからです。

単純に月経の回数が多いと、エストロゲンにさらされる量も多くなります。

子宮内膜症は何らかの原因で子宮以外の場所で子宮内膜が増殖・剥脱を繰り返し(月経のようなことが子宮以外で起こる)、不正出血や行き場の無い血液が固まり臓器を圧迫する病気です。

エストロゲンさえ過剰に働かなければ、この一連のことがなくなる訳ですから、自然に治るとまでは行かなくとも、症状の悪化を防ぐことは出来たのです。

治療するとしたらどんなことするの?

子宮内膜症は、症状が進んでしまえば増殖し行き場の無くなった月経血の塊が癒着し、臓器を圧迫したり、妊娠の邪魔になったりします。

こうなってしまえば外科手術で取り除くしかないのですが、そこまでではないという段階の場合であれば、ホルモン(エストロゲン)の管理が上手にできれば良いということになります。

その方法にもいくつかあるのですが、最もポピュラーなのが、低用量ピルを使用し排卵を止め、疑似的に妊娠状態を作り出すことでしょう。

しかし、低用量ピルは使い始めで副作用が重いという特徴があります。血栓症の危険があるとはよく言われることですが、それ以前に吐き気に耐えられずピルは使い続けられないという方もいるようです。

遅くとも3か月目くらいからは吐き気もなくなる方がほとんどなので、子宮内膜症治療で低用量ピルを使う人は、初めは頑張らなければならないかもしれません。

その他の方法としては、偽閉経治療と言って、疑似的に閉経状態を作り出すことで子宮内膜を小さくすることができます。

エストロゲンの働きを抑える薬を使用するのですが、こちらも副作用の心配はありますし、更年期障害のような状態になる可能性も考えられますので、あまり長期的な使用を想定した方法ではありません。

やはり長期的な使用を想定すれば低用量ピルを使用するのが一般的でしょうか。

日常で気を付けることは?

子宮内膜症かもしれないけれど都合により今は病院に行けない。

気にかかる症状はないけれど子宮内膜症にならないようにしたい。

そういう方は日常生活で気を付けられるところは気を付けていきましょう。

実は、子宮内膜症になる原因はまだはっきりと分かっていません。月経血の逆流が起こっているのではないかという説が有力なようですが、まだ意見の分かれるところのようです。

しかし、ホルモンバランスの乱れが子宮内膜症の悪化に繋がることは間違いなく、日常生活で子宮内膜症を抑えるにはこの辺りに気を付けていくことが最善と言えるでしょう。

具体的には、質の良い睡眠をとること、体を冷やす食事に気をつけること、疲労やストレスを溜めないことなどが挙げられます。

東洋医学の考え方では、体を冷やすと細胞はゆるむ(エネルギーが散漫になるイメージ)と言われており、細胞がゆるむと血流が悪くなると言われています。

血流が悪くなるとさらに体は冷えますし、それ自体がストレスになる上、疲労が溜まりやすくなります。

ストレスや疲労が溜まると交感神経が有意になり、神経はいつも緊張状態。これは自律神経に影響を与えます。

自律神経が乱れるとホルモンバランスも乱れるので、女性であれば冷え性、疲れ、肩こりと言った慢性的な不調から、子宮内膜症のような具体的な病名を持つ不調にかかる確率が高くなります。

 

食事、睡眠、ストレスと言った、日常生活と密接に関わる色々が、体の内部は子宮内膜症のような病気となって表れることがあります。

このことを意識して、食べ物や睡眠について見直してみると良いかもしれません。

最後に

子宮内膜症は放っておけば必ずと言って良いほど悪化し、後になればなるほど症状は重く、治療も困難なものとなります。

自覚症状がないこともある子宮内膜症ですが、こういう病気があるのだと知った上で、もし何かの症状が出たときに治療に踏み込めるよう、頭のどこかに知識を置いておくことが大事です。

子宮内膜症は、はじめはそれほど気にかかる症状でもないことも多く、見て見ぬふりをされることもしばしばです。

ご自分の体に対する敏感さを忘れず、心配があればすぐに対処できるようにしておけたら良いですね。


関連記事