妊活から二人目の出産と育児

出産育児一時金の申請は、とっても簡単でした。

第2子を出産し出産育児一時金として、42万円の一時金を受け取ることが出来ました。

まぁ受け取ると言っても、直接42万円もらうわけではなく、出産費用として産婦人科に直接支払われるという形式です。

出産育児一時金の申請は、とっても簡単でした。

初めての妊娠の時は、出産育児一時金ってどうやって申請するんだろう?

自分で申請するのかな?

自分で健康保険協会に電話するの?

どのタイミングで申請するの?

と不安と心配だらけでした。

ネットで調べたりしたけれど分からないし、病院からも得に説明ないし、病院の事務の人に申請の仕方を聞くタイミングもないし・・・。

そのうち何か説明があるのかなと思っていると、数回目の妊婦定期健診の時に、受付の人から申請書と説明の用紙をもらいました。

出産育児一時金には2通りあり、簡単に言えば自分で申請するか病院で申請してもらうかです。

簡単なのは病院にお願いする、直接支払制度を利用する事です。医療機関が代わりに請求して入院費用に当ててくれるのです。

この制度を利用しない場合は、出産費用を全額払い自分で出産育児一時金を請求する事になります。

書面で説明を見るととっても難しい申請方法に感じるけれど、病院にお願いすればとっても簡単です。

出来れば、母子手帳をもらう時に少し説明があればうれしかったなぁ。

私は直接支払制度を利用する事にしたので、申請書に名前などを被保険者が記入して、病院に提出するだけでした。

私は主人の扶養なので、被保険者は旦那となるので旦那さんに記入してもらいました。

病院の方から申請してくれ、入院費から42円を引いてもらえるという事になります。

こんなに簡単な申請方法だっとは知らず、とっても安心しました。

今回の妊娠では、このことを把握していたので悩むことなく直接支払制度を選びました。

本来なら50万以上出産費用を支払う必要がありますが、退院時には差額の8万程度の支払いで済みました。

病院によっては入院費用が42万円かからないところもあるそうです。その場合は、差額が戻ってくるそうです。

うらやましいなぁ~。

私がお世話になっている病院は、経産婦は初産婦と違って入院が1日少なくなります。

その分前回よりも入院費用が少なくなるかなぁと期待したのですが、3年前に出産した時よりも入院費が値上がっていたので、
結局は42万円以上かかってしまいました。

もしかしてお金が戻ってくるかも?と期待して損しちゃいました(笑)


関連記事