妊活から二人目の出産と育児

大切な出生届は2週間以内に届け出

出生届は赤ちゃんが産まれて、初めて提出する大切な書類です。

とってもとっても大切な手続きで、赤ちゃんに戸籍を作るためのものです。

この届け出を忘れてしまうと、子供が無戸籍になってしまい大変な事になってしまいます。

保険証も医療費助成ももらえなくなってしまうので、産まれたら一番最初にする必要があります。

出生届は赤ちゃんが産まれてから、2週間以内に届け出をしなければなりません。

出生届を提出する時には、母子手帳も必要になるのですが、入院中は病院に預けてあります。

もし、入院中に提出に行く場合は忘れずに看護師に言ってくださいと言われていました。

まぁ2週間以内の提出なので、退院してからでも十分間に合うとは思いますが・・・

自分ではなかなか行けないだろうし、主人の仕事の休みの都合もあるから期限には注意しないとです。

1人目を出産した時にせっかくだから、私も一緒に提出しに行きたいなと思っていました。

結局、産後は外出するほど体力も気力もなく断念しました。

初産の時は、初めての子育てで寝不足もあったし、階段の昇り降りもしんどくて、普通に歩くことも出来ませんでした。

普通歩いたりできるまでに1ヶ月はかかったかな。

2人目こそは一緒にと思ったのですが、やはり今回も断念(笑)

新生児ちゃんを連れだすことも可哀想だし、なにしろ私自身の寝不足が酷くて、退院してきた時は倒れこむように眠りにつきました(笑)

今回も主人と息子にお任せしました。

先生に書いていただいた出生証明書と、母子手帳をもって私が退院した日に市役所に提出に行ってもらいました。

その流れで、児童手当の申請もしてきたそうです。本来なら、振込先の銀行などが必要になるのですが、2人目なので同じ振込先という事で大丈夫だったようです。

出生届はパパの初めてのお仕事って感じでしょうか(笑)

出生届は自分の役目だと思っていたようで、張り切ってましたよ。

今回は息子と二人で行ってきたので、前回よりも責任感たっぷりですね(笑)


関連記事