妊活から二人目の出産と育児

妊娠の準備に役立つ三種の神器の選び方

妊娠に関する準備や計画のポイント

何を始めようとした時、準備や計画が不十分だと思ったように進まないことがあります。

時には勢いや勘に頼った方がうまくいくこともありますが、そういった事柄は運が良かったからこそうまくいくようなものではないでしょうか。

妊娠するということも、少なからず運任せな面があるとは思います。

事実、予期せぬ妊娠は存在していて、特別何の準備をせずとも妊娠できる女性はいるものです。

ですが、そうした全ての女性がそのような運に恵まれてる訳ではありません。

本来妊娠というものは運任せなものではなく、準備や計画があってこそ成り立つものなのです。

ご承知の通り、妊娠は女性ひとりで実現できるものではありません。

ですが、きっと男性よりも女性の方が、妊娠に向けて準備をし計画を立てることには意識を向けていることだろうと思います。

出産という人生の一大イベントを目の前にした時、如何にそのための準備や計画が重要であるかについて思い知る女性は、想像以上に多いことでしょう。

男性からすれば、妊娠や出産に関してのことは女性であれば当然のように把握できていると思えるのかもしれません。

でも誰にだって、未経験のことには不安や誤解が生じるものです。

理由もなく思い込んでしまっていることもあれば、間違った解釈でパートナーを傷つけてしまうこともある。

女性だからと言って、妊娠や出産が得意分野であるとは限らないのです。

だからこそ、妊娠や出産にも準備や計画が求められます。

妊娠するということは思いの外簡単ではなく、新しい命が誕生するということは実に奇跡的なことだったりします。

この事実を受け入れ、そのために出来ることを今からでも始めていく。

妊娠と出産を望む年齢が上がる傾向にある現代だからこそ、必要になる準備や計画があるということを知っておきましょう。

このサイトでは、そんな妊娠に関する準備や計画のポイントについて提供していきます。

妊娠しにくい可能性は誰にでもある

結婚をして、いつでも子供を授かっていい状態になってはじめて、なかなか妊娠できない現実と向き合う方は大勢います。

妊娠できない=不妊症ではないのか?と、自分の身体に不安を抱く方も少なくはないでしょう。

妊娠のための準備や計画を立てる上でまず最初に行いたいのが、自分自身の身体を改めてみるということです。

それまで健康に何の問題もなくやってこれた身体であっても、どんな問題を抱えるようになっているかは、自分でも気付けていない面があります。

病院などの専門機関で調べてみるのもひとつの手段ですし、排卵検査薬を使って自分の排卵を確認してみるのもいいのでしょう。

いずれにしてみても、それまで当然であったことに甘えるのではなく、もしかしたら?という可能性を考え改めてみることが、妊娠の準備と計画には不可欠なことになると思います。

妊娠は避妊をしなければ実現できるという程、簡単なものではありません。

避妊をしなければ当然その確率は高まりますが、確実に妊娠できるという保証はどこにもないのです。

また妊娠しやすい身体であるかどうかについても個人差があり、どんな人であっても妊娠しにくい身体である可能性は十分にあるのです。

自分が妊娠しにくい身体のはずがない!という強い思い込みが、あなたの妊娠の妨げとなっていては元も子もありません。

妊娠しにくい可能性は誰にでもあるという事実を受け入れ、実際に自分の身体がどうであるかについて知る機会を設けていくようにしましょう。

排卵検査薬は自分でチェックできる便利アイテム

排卵検査薬は、順調に排卵しているかどうかを自分でチェックできる便利アイテムです。

また、排卵期が把握できるようになることで、妊娠に向けた性交渉のタイミングを図れるようになります。

自分の排卵期については理解できている!といった自覚のある女性も多いとは思います。

ですが、排卵期は様々なことが影響して遅れが生じたりとバランスを崩しやすいもので、本人も気付かない内に周期がズレていたということはよくあることなのです。

だからこそ専用アイテムを使って正確にその周期をチェックすることが、妊娠の準備と計画には必要になります。

妊娠しにくいという事実に気付いた時、まず真っ先に不妊症を疑う方は多いものですが、その原因は単に排卵期の思い違いにあったりもします。

その真実に気付けずにいるばかりに、余計な不安や心配を抱えるようになってしまっては、心だけでなく身体にも悪い影響及ぼしかねません。

だからこそ一度、試してみるだけの気軽さでも構いませんので、排卵検査薬を用いて自分の排卵の様子を自らチェックしてみてもらえたらと思います。

また、排卵検査薬は男性の不妊症を疑う上での判断材料にもなります。

排卵検査薬を使い、自身の排卵の様子に問題がないことが分かった上で妊娠しにくいということになれば、その可能性は男性側に理由があることも考えられます。

昨今特に、不妊症を抱える男性が増えてきていると言われています。

自分が排卵検査をすることでパートナー側に問題がないか見極めることもできるでしょう。

いずれにしてみても、排卵検査薬を使用することは妊娠の準備や計画に有効的に働くはずです。

今はネット通販でも安く品質の高い製品が販売されていますので、気軽な感覚で手を伸ばし、是非実際に使ってみてもらえたらと思います。

基礎体温計の併用と排卵期について把握

排卵検査薬は基礎体温計と併用することで、よりしっかりと排卵そのものや排卵期について把握できるようになります。

女性の身体は排卵期を境に低温期と高温期に分かれますので、排卵がしっかりと行われていれば基礎体温計のグラフは綺麗に二相で表示されます。

生理後、2週間程度で高温期に入るのが確認出来れば、基本的には排卵は行われたと考えて問題ないでしょう。

ただ基礎体温計は、排卵のタイミングを予め知る上では不利な面があります。

高温期に入った段階で排卵は行われていますので、その時には既に受精のタイミングを逃している可能性があるのです。

排卵検査薬は、この基礎体温計の欠点を補う上でも役立つアイテムです。

排卵検査では排卵のタイミングを予め知ることができますので、性交渉のタイミングを逃す確率も下げることができます。

また、基礎体温計は婦人系の病気の特定にも役立てられます。

例えば日頃から生理不順といった問題を抱えていて、もしかしたら婦人病を患っているかもしれない…と感じた際、基礎体温計のデータが病気の特定に繋がることがあるのです。

治療方針を決定づける手がかりになることもありますので、女性が使用することに損はないアイテムとも言えます。

この2つを併用している方の中には、日頃から基礎体温計で体温の変化を認識する癖をつけ、いざという時に確信を得るために排卵検査薬でチェックする…といったやり方で、性交渉のタイミングをより確実なものに近づけている方もいます。

どちらかひとつだけでも十分力は発揮してくれますが、併用するメリットは決して小さいものではないと言えるでしょう。

産まれてくる赤ちゃんのためにも葉酸サプリメントを摂る

妊娠を望む女性のためになるアイテムには、排卵検査薬と基礎体温計以外にも、葉酸サプリメントがあります。

葉酸サプリメントは母体となるあなた自身はもちろん、産まれてくる赤ちゃんのためにもなる重要なアイテムです。

葉酸とは、赤ちゃんの健全な成長には特に欠かせない成分に指定されている、ビタミンBの一種です。

胎児の神経管閉鎖障害という重い障害を予防する上でも効果的な栄養素として、妊婦さんには積極的な摂取が勧められています。

葉酸の接種は、理想を言えば妊娠のひと月以上前から接種すると良いとされているのですが、妊娠してからその存在を知るケースも多く、実際には妊娠前から積極的に接種することが難しかったりもします。

この事実を知ったあなたがまだ妊娠前ということであれば、是非今からでも葉酸を補うサプリメント習慣をつけていくことをお勧めします。

妊娠のための三種の神器の選び方

妊娠のために役立てられる排卵検査薬、基礎体温計、葉酸サプリメントの3つのアイテムは、属に妊娠のための三種の神器と呼ばれていたりします。

あなたがこの三種の神器の存在を知り、使ってみよう!と思うのであれば、後はどういった商品を選べばいいのかということに疑問が残るかと思います。

ここではそんな三種の神器の選び方のポイントについてご紹介していきます。

基礎体温計については、今まで使う機会のなかった方からすれば、面倒そう、高そうなどあまり良いイメージはないのかもしれません。

ですが最近の基礎体温計は、いずれも測定者の負担にならないような工夫がされており、デザインもシャープでキュートなものが多く、その価格も1万円もしないものが殆どとなっています。

そういった意味では、どの基礎体温計を選んでも間違いはないと言えますので、例えば見た目など自分の気に入った部分があるものを選択すれば良いかと思います。

葉酸サプリメントについては、やはり安全性と品質が高いもの、つまりは天然成分のみで作られたオーガニック製品がお勧めです。

一方、排卵検査薬についてですが、こちらはその相場の幅広さから選択に悩む方も多いかもしれません。

ですが排卵検査薬は安いからといって、その品質に差が生じることはありません。

低価格であっても精度は非常に高く、高すぎるが故に検査結果の判断に迷うケースも存在する程です。

ですのでここでは敢えて、低価格でも高精度のワンステップ排卵検査薬を使用することをお勧めします。

そもそも排卵検査薬は、排卵前に上昇する黄体ホルモンの量に反応して結果を出す試験紙です。

このため、仮に黄体ホルモンの量が元々多目という方であれば、陽性反応が出る期間が長くなるために使いにくいと感じることもあるでしょう。

そういった方でも排卵が正常に行われているかを確かめるだけならばワンステップ排卵検査薬で十分ですが、場合によっては感度が低く設定されていて且つ正確な結果が表示されるデジタル式の排卵検査薬もありますので、こちらの使用も視野に入れてみることをお勧めします。


関連記事