妊活から二人目の出産と育児

精液検査キットと病院の精液検査の違い。やっぱり病院の検査の方が良いの?

最近では立派な精液検査キットや自宅にいながら郵送だけのやりとりで精液検査ができるサービスが充実しています。

とは言え奥さんの不妊検査や治療に合わせて精液検査をすることが主流で、初めての精液検査は奥さんの病院からもらった容器に言われるがままという男性も多いでしょう。

しかし妊活にはまだ不妊治療という段階でないと考えているご夫婦であったり、奥さんの方が不妊治療に積極的でなかったりと色々なケースがあります。

自主的に精液検査に挑みたいという方や自力でタイミング法の確率を上げたいという方がいると思いますが、そういう方たちにとり、自宅でできる精液検査は重宝となるサービスです。

でも、その精液検査キットとか、郵送した精子を測定してくれるサービスって一体どの程度のものなの?

やっぱり真剣に考えているなら病院に行った方が良いの?という疑問もあるかと思いますので、検査キットと病院で検査を受けることの違いをお話ししたいと思います。

 

検査キットはけっこう優秀なようだけど…

今まで精液検査なんて考えたこともなかったという方は、そもそも精液検査キットなるものがあるということ自体ご存知ではなかったかもしれません。

そんな方が自宅で精液検査と聞けば、超簡易検査なんだろうなと思うでしょう。

「でも精子の超簡易検査ってなんだろうな。何がどういう風に異常かは分からないけど、とにかく異常か正常かは分かる、みたいな?」という感じではないでしょうか。

意外に精液検査キットは優秀で、例えばドクターズチョイス社の精液検査キットBであれば、精液の量、精子の数、精子の運動量などの情報を得ることができます。

 

とは言えこちらは自分の目で確認するタイプのものですから、当然病院の機械を使って計る正確さには及ばず、雰囲気だけ、おおよそのことは分かるという程度だとお考えください。

郵送するタイプの精液検査サービスであるOESは最近特に人気のようです。

こちらはきちんとした設備でプロの臨床検査技師が精子を測定してくれます。つまり病院とほぼ変わらない検査結果を知ることができるわけです。

郵送にかかる時間などでどうしても検体が劣化してしまうということはありますが、かなり信頼できるデータが得られると考えて良いでしょう。

ということは、結局病院に行かなくても良いの?

それともやっぱり病院の方が良いの?

 

病院は面倒くさい

結論から言えば、精液検査は病院で受けようが、自宅で簡易検査をしようがどちらでも良いと思います。

精子のコンディションは毎日違い、一度で正常か異常が判断できるものではありませんし、基準値というものはありますがそれより少ないからといって妊娠ができないという訳でもない。反対に基準値を大きく上回っているからといって妊娠する訳ではありません。

明らかな異常であれば病院で細かな診察を受ける必要があると思いますが、精液検査の段階で病院の方が良いのか、自宅での検査でも良いのかはあまり気にする必要はないでしょう。

しかしそれでもおススメするとすれば、自宅での検査です。

なぜなら、病院で検査を受けようとするとなかなか面倒なことがあるから。奥さんがもし本格的な妊活中で、専門のクリニックに通っているというのでしたらそこで精液検査をしてくれるかもしれません。

容器だけ渡されて、言われた日に射精すればオーケーですから負担はあまりありません。

しかしそうではなく、「もうそろそろ結婚して半年になるけど、もしかしてこれって…それぞれちょっと病院行ってみようか」みたいな段階なのでしたら、男性はとりあえず自宅できる簡易検査で十分。

精液検査であれば泌尿器科に行くことになりますが、まず精液検査を行っている病院が近くにあるかを探すことになります。ただやっているだけじゃなくて、それなりに雰囲気は良いだろうかとか、自宅からの距離はどうだろうか、という心配もあるでしょう。

そうすると意外に見つからなく、嫌になってしまうこともあるはず。奥さんの妊活専門のクリニックでさえも、男性の精液検査はしてくれるけど、女性専用クリニックだから万が一のときそこに通うってことにはならないということもよくあります。

それならネットで精液検査を購入した方が、完全に自分のタイミングで行えますし、通院の必要もなく、病院での待ち時間もないので、断然ラクだと思います。

 

病院で先生に精液を見てもらう意味

病院で精液検査をすると何が違うのか。

病院では、当然相当詳しく正確な精子の様子を知ることができます。医師が分析してくれます。相談に乗ってくれます。精液だけでなく、ペニスの様子なども触診してくれますから、思わぬ病を発見できることもあります。

精液に関して言えば、数が少なくても精子がいれば妊娠する可能性があるのですから、医師の仕事は医学的なアドバイスをすることに尽きるでしょう。

医学的なアドバイスとは栄養の指導や生活習慣の指導、もしくは人工授精や体外受精の打診と言ったことなどです。冷静にデータに基づいたお話しをしてくれる先生もいれば、豪胆に「ヤレばできる」と言ってくれる先生もいて、相性が合えば大きな力になるはずです。

生殖器の器質的な問題があればもちろん別です。EDや包茎、精索静脈瘤などの問題は医師に相談した方が絶対に良いですし、これらは男性不妊の大きな原因となり得ますから改善も考えます。そういう意味では何か問題を感じるならすぐに医師に診てもらうべき。

しかしここではあくまで精液検査を病院でする必要があるのか、ないのかに絞ってお話しします。

病院で精子を見てもらうことと、自宅でこっそり精液検査をする違いはあるのか。

今までお話ししたような違いはありますが、精液検査に限って言えばどちらにしても参考程度のことしか分かりません。

何しろ精子の状態は日によって、タイミングによって全然違うのですから、食後と空腹時で数値が変わる血糖値を計るようなものです。無精子症など極端な例でもない限り、数回のデータを取らなければ、異常とか正常なんて判断できるものではありません。

さらに、考えてみれば当たり前ですが、医師にもなぜ妊娠するのか、なぜ妊娠しないのかなんて究極的には分かりません。明らかな問題があれば別ですが、全く妊娠の障害になる要素がなくても、妊娠しないときはしないのです。

ときにはいわゆる「我慢汁」で妊娠することもあるのですから、極端なことを言えば精子の数なんて関係ないと言っても良いかもしれません。そのとき卵細胞にたどり着くヤツがいるか、いないかの問題なのです。

 

簡易検査が活きるのは無精子症や貧精子症のときくらい

あなたの精子のコンディションを最大限に高めるアドバイスを医師はしてくれるかもしれませんが、仮に精子の量が増えたり、運動率が上がったり、基準値を大きく超えたとしても、妊娠するとは限りません。

妊娠は運の問題、タイミングの問題、気分の問題が大きいと言わざるを得ないのです。

生殖活動に際して、女性の仕事はたくさんありますが、男性の仕事は無数の子種を提供することしかできません。

健康な肉体と心作りを心掛けて、精子にできるだけ伸び伸びとしてもらうことが重要なのです。

そのために病院が必要だと思うならぜひ通院をおすすめしますが、そうでないのであれば、万が一に備えて簡易検査をする程度のことはするにしても、あとはリラックスと心身の健康に集中する方が堅実だと思います。


関連記事

カテゴリー