妊活から二人目の出産と育児

不妊治療を節約するためにパートナーを連れて行こう

不妊治療には莫大なお金がかかります。

体力も気力もまだまだあるのに、治療費が高すぎて治療が続けられないという方も大勢いることでしょう。

ここでは、分かっているけどなかなか実行できない、不妊治療に行くときはパートナーと一緒に行くということの大切さを改めてお話したいと思います。

不妊治療の成功率を高めるだけでなく、コストを大幅に下げる可能性がありますから、ぜひ参考になさってください。

 

不妊症の要因を持つ確率は男女半々

不妊症と言えば女性特有のものと思っている方ももしかしたらいるかもしれませんが、不妊症の要因を持つ確率は男女で半々と言われています。

女性に原因がある場合が40%、男性に原因がある場合が40%、両方に原因がある場合と原因不明な場合がそれぞれ10%ずつと言った具合です。

これだけで不妊治療がパートナーと一緒に行った方が良い理由には十分だと思いますが、この事実を知っても何故だか男性の腰は重く、なかなか子供ができないのは自分に原因があるかもしれないという当事者意識は低いものらしいのです。

 

男性の方が検査は楽

確かに、男性は女性に対して精子を注ぐだけで、その後の妊娠に至るまで全てのことは女性の体の中で行われる訳ですから、当事者意識が乏しいのも当然かもしれません。

しかし男性に不妊治療を受けていただきたい理由は不妊の要因がフィフティフィフティだからというだけではなく、男性の検査の方が比較的楽だからということがあります。

男性の場合、勃起障害や射精障害など目立ったものがないのであれば、ほとんど精子に問題があると断定して良いでしょう。

男性の不妊症検査は性器の触診なども行われますが女性のそれに比べれば大したことではありませんし、精液検査も薬を飲んだりする必要もないのですから、体に負担になるほどのことではありません。

それに比べて女性の場合、一体どこに不妊症の原因があるのか特定するのは非常に難しい。

どの段階で障害があるのか、詳しく調べるには男性に比べれば肉体的にも精神的にも負担の大きい検査をすることになるでしょう。

男性側に原因が見つかればラッキーとまでは言いませんが、ご夫婦にとってトータルで負担が少ないのは間違いがないと思います。

 

女性だけで不妊治療に行くと

女性だけで不妊治療に行けば、一体どこに原因があるのかを調べなくてはなりませんから、可能性のあることを順に調べていくことになります。

排卵の様子を検査し、基礎体温計での記録を取り、タイミングの指導を行い、もしかしたら排卵が不規則であったりするかもしれないのでホルモン注射を打ったり、人工授精、体外受精と話は進んでいくかもしれません。

人工授精など高度生殖医療になってくると精液を採取する必要がありますから既に他人事ではありませんが、そのときになってやっと男性側に問題があると分かったときの時間的、経済的なコストは計り知れません。

タイミングは合っていたのに、排卵は正常に来ていたのに、男性の精子の質が低いことが分からなかったばかりに機会を逃していた。

そんな事態を回避するためにも、子供ができないなと思ったらご夫婦で同時に不妊検査を受けられることをおすすめします。

 

男性に問題があれば楽ということではない

ご夫婦で同時に不妊検査を受けることで、時間的、経済的なコストが大幅に抑えられる可能性があります。

少なくとも原因が特定できれば打つ手立てがあり、そこに集中すれば良いのですから、早くに原因が知れると有利、しかも男性の場合原因が単純に精子の質などのせいであることが多いので、特定が楽だという利点があります。

しかし、男性側に問題があるからと言って不妊治療が簡単になる訳ではありません。

精子の質を向上させるのは簡単ではありませんし、場合によっては手術が必要になったり、勃起障害等があった場合ならカウンセリングが必要になったりと、問題が深刻なことに違いはないのです。

またこれは男女問わず同じだと思いますが、自分に原因があると知ることは大変恐ろしいものです。パートナーに対して申し訳ない気持ちになるかもしれません。

しかし不妊治療は時間との闘いでもありますから、二人で一つの体だと思って、原因の特定から逃げないようにしたいものです。

 

自宅で精液検査ができるキット

男性の場合、不妊検査を行うとすれば奥さんと一緒に行けるクリニックに行くか、泌尿器科で検査を受けることになります。

初めての経験で不安や怖い気持ちがあり、腰が重いのであれば、まずは自宅で行える精液検査キットを使い、心の準備をすると良いかもしれません。

手頃なのは

排卵検査薬・妊娠検査薬の専門店 妊娠お助け隊

というネットショップで購入できる、家庭用精液検査キット「スパムチェック・ファーティリティ」がおすすめです。

一回分7,980円で精子の量が一般的に言われる妊娠可能な数に達しているかどうかが分かります。

しかしこれでは精子の運動量や奇形率の検査など詳しいことは分からない上、病院での検査であれば保険が適用されるケースがほとんどなので1,000円から3,000円程度のコストで済むということを考えれば高上り。

病院に行く勇気が出る前の腕慣らしか、どうしても病院にいけない理由があるという場合を除いては、やはり病院にいくことをおすすめします。

 

最後に

いかがでしょうか、子供がなかなかできないと思ったとき、男性も一緒に病院に行った方が良いということがお分かりになったのではないでしょうか。

子供ができないとなるとまず女性から不妊検査をはじめることが多いと思いますが、不妊の原因を持つ確率は男女半々。

男性の方が検査にかかる時間や負担が少ないだけでなく、子供ができないのであればいずれは男性の精液検査はする必要が生じるのですから、早めに原因を特定しておく方が妊娠までの時間が短縮できる可能性も高くなるのです。

不妊治療が進めばいずれは男性も病院にかかることになるのですから、子供を望むのであればはじめから積極的に不妊治療に関わっていくことをおすすめします。


関連記事

カテゴリー