妊活から二人目の出産と育児

紫外線は大敵?知っておきたいアトピーとヘルペスの関係

多くの人の意識として、紫外線は肌に良くないものという印象があるのではないでしょうか。

確かに紫外線を浴びすぎると良くないですが、必ずしも悪い効果があるわけではありません。

もし、アトピー体質の人で紫外線や日光を避けないといけないと思っている人がいるようでしたら、これからお話しすることを少しでも覚えておいてもらえたら良いかなと思います。

 

紫外線はアトピーには効果的でも、ヘルペスには悪いもの

アトピー体質の人の中で、紫外線には気を付けて欲しい人がいます。
それは、ヘルペスを発症しやすい人です。

紫外線はヘルペスを発症させる直接的な原因とされています。

よく耳にするのは、日光をたくさん浴びすぎてしまってアトピーを悪化させ、合わせてヘルペスも発症させてしまい、症状が全身に広がって辛い思いをしたというお話。

それに、アトピーの人がよく使うステロイドもヘルペスを悪化させる可能性があるため使用を禁止されています。

そして怖いのが、アトピーとヘルペスの合併で引き起こす「カポジ水痘様発疹」です。
発症しないようにするためにも、確かに日光を避けるのはごく当たりまえと言えるでしょう。

ですが、日光を避けてもヘルペスを発症する可能性はあります。

ここでは、アトピーには紫外線が効果的であることと、ヘルペス対策としてウィルスの増殖を抑える「リジン」を摂取すると予防効果が得られることをお話ししていこうと思います。

 

紫外線がアトピーには効果的!

今回のお話のテーマの一つである、紫外線がアトピーには効果的ということ。

もうすでに知っていて、日光浴をしたり、海も効果的と言われているので出かけている人もいるのではないでしょうか。

その反対に、日光のせいでアトピーが悪化してしまった経験の人もいて、日光を浴びることを敬遠している人もいるかと思います。

実は、紫外線には細胞増殖抑制作用と免疫抑制効果があります。

細胞増殖抑制作用とは、炎症反応を起こす細胞や白血球(活性化しすぎると炎症反応を起こすため)の増殖を抑える作用のことです。

また、免疫抑制効果とは、過度な免疫機能の働きによって引き起こすアレルギー反応を抑制することを言います。

この作用は、ステロイドの効果と同じものです。
なので、紫外線は天然のステロイド剤のようなもので、アトピーの人には効果的なのです。

○日光によってアトピーが悪化した経験がある人

人によっては、日光を浴びたせいでアトピーが悪化した経験がある人がいるのではないでしょうか。

それは紫外線ではなく、赤外線による影響や汗が原因かもしれません。

アトピー体質の人の場合、皮膚の機能に問題があるためダメージを受けやすく、日光への対策を取ることが大切です。

ですが、本当に気を付けることは、赤外線への対策を取ることです。

赤外線の特徴である温熱効果は、痛みの治療に使われたりしています。
肌の深いところまで届き、じんわりと暖かさが持続する効果が治療に向いているそうです。

一方、アトピー体質の人のように肌が弱い人だと、この持続効果がダメージとして悪影響を与えてしまいます。
人によっては、汗を掻いて拭き取らないせいでアトピーが悪化することもあるようです。

 

 

アトピーと間違えやすい光線過敏症

日光によっていつもアトピーが悪化するという人の中には、もしかしたら光線過敏症の人もいるかもしれません。

赤外線によってアトピーに悪影響を与える可能性はありますが、日光に反応して発疹が出たりするのであれば、光線過敏症の可能性があります。

もともと色が白く敏感肌な人や乾燥肌な人だと、よりアトピーを疑ってしまうと思います。

これは、お医者さんでも間違えることがあるくらい区別が難しいため、アトピーと思ってしまっても仕方ありません。

ですが、気を付けたいのは、もし日光アレルギーなのにアトピーと診断され、ステロイドが処方されると、症状が治まらず慢性的な症状に発展してしまう可能性もあります。

そうならないためにも、自分の肌が何によって症状を引き起こしているのかよく観察することが大切でしょう。

○日常生活にも影響が出る光線過敏症

日光によって肌トラブルを引き起こしてしまった人の中には、必要以上に日光を避けようとする人もいるのではないでしょうか。

避けようと動いてしまうのは分かりますが、それが返って日光に対して肌が敏感になってしまうこともあります。

また、仕事や生活習慣などによって日光に当たる機会が少ない人でも、たまに日光に当たったりすると酷い肌トラブルを起こしかねません。

それ以外にも、肌トラブルの原因はあります。

例えば、アルコール性肝障害の人は、日光過敏症の原因となるポルフィリンという物質が体内で増殖して、肌トラブルを引き起こすこともあります。

いつもアルコールを大量に摂っていて、肝臓に負担が掛かっている人は気を付けてみてください。

食事に関して言えば、ビタミンB3(ナイアシン)が不足すると日光による炎症を引き起こしやすくなります。

ナイアシンはまぐろ、かつお、さんまや明太子などの魚類、鶏肉などに多く含まれています。
ダイエットなどで食事制限をしていたり、アレルギーがあってこれらの食材を食べられない人は気を付けてください。

日光アレルギーの原因となることは他にもありますが、原因として普段の生活習慣の中で日光に弱くなり、肌トラブルを引き起こす人もいます。

アトピーと関係があることもありますが、基本的には別と考えて良いでしょう。

自分の肌に起きている症状をきちんと観察して、どんな対処をしたら良いのか考えてみてください。

もし気になるようでしたら、病院でしっかり検査してもらうことをオススメします。

 

ヘルペスでも程よい紫外線だったら大丈夫?

肌トラブルは、さまざまなことが原因して起きていることは分かりました。

日光アレルギーじゃなく、日光への過敏反応が改善できるようでしたら、適度に肌に紫外線を当てる習慣を作ってみてはいかがでしょうか。

ですが、ヘルペスを持っている人はどうなのでしょう。

紫外線が原因でヘルペスを発症することはわかっています。
なので、アトピー体質でヘルペスを再発しやすい人はやはり日光を避けないといけません。

ただ、日光だけが原因ではなく、強い紫外線を急激に浴びることで発症すると言われています。

それであれば、適度な日光浴であれば、ヘルペスの心配はないと言えるでしょう。

 

ヘルペス対策はリジンで補う

ヘルペスの発症原因は日光以外にもあります。

疲れが溜まっていたり、風邪を引いたり、ストレスが溜まっていたりと、ちょっとしたことで発症することがあります。

そこで予防策として取られているのが、リジンという栄養素を摂ることです。

リジンはヘルペス増殖を抑える働きを持っています。
ヘルペスを再発しやすい人であれば、日ごろからリジンを多めに摂ることを意識すると良いでしょう。

また、ストレスが原因で発症する人であれば、日光に適度に当たることで気分をリフレッシュすることができます。

それに、日光を避けないといけないと意識する必要がなくなれば、気持ちも少し軽くなるでしょうからオススメします。

アトピーもヘルペスもきちんと理解して付き合えば、太陽の光を浴びながら楽しい時間を過ごすことができます。

上手に太陽と付き合ってみてはいかがでしょうか。


関連記事