妊活から二人目の出産と育児

ストレスの原因になる生理、アトピー、ヘルペス。一つずつ解消してストレスを軽減させよう。

生理の分だけ辛い

アトピー性皮膚炎、ヘルペス、生理。

症状の具合は人によって違いますが、それでも女性が抱えると辛いものばかりです。

例えば、アトピー持ちの人で、生理のタイミングに合わせてヘルペスを何度も再発するというお話しを聞くことがあります。

また、女性はお肌トラブルで精神的なダメージを受けやすいという人もいると思います。

どれも完治することはないですが、症状を抑えることや予防できるものがあります。

例えば、この中で簡単に始められるのは、ヘルペスの予防策です。

ここでは、三重苦とも言える憂鬱な症状と、より気持ちが楽に向き合えるようお話しをしていこうと思います。

 

 

アトピーとの向き合い方

ヘルペスは簡単に予防策が取れますが、他の二つはどうでしょうか。

アトピーについては、解消することはかなり難しいです。

もともとアトピー体質だからと言っても、日常生活に支障をきたさない人もいれば、いろんなことに注意を払わないといけない人もいます。

症状が人それぞれ違うし、完全に治るということはないでしょう。

それに、アトピーの場合、体質と合わせていくつもの要因が重なってお肌トラブルを引き起こします。

光や気温、洗剤、アレルゲンなどによる肌への刺激によって悪化することがあります。
それ以外にも、疲労や寝不足、不安などの精神的な要因で症状が表れるとも言われています。

ステロイド剤などを使って上手に付き合っていくことも大切です。

それと合わせて、アトピーの悪化を引き起こす要因を知っておいて、できるだけ避けるように意識すると、症状を抑えられて、過ごしやすくいられるでしょう。

まずは、心掛けるところから始めてみてください。

 

 

生理の軽減方法はないの?

生理もまた、症状に個人差があるもので、重い人だと月の半分くらいは調子が優れない人もいます。

そういう症状の人の中にも、アトピー持ちという人もいるのではないでしょうか。

些細なことで悪化するアトピーですから、生理の時のイライラやホルモンバランスの乱れが原因となることもあるでしょう。

あまりにも毎月の生理が辛く、アトピーも悪化するからと低用量ピルの使用を考えたことだってあるかもしれません。

生理痛を改善することができると思いますが、低用量とはいえ、自己判断で使用するのは怖いことですから、慎重に判断したいですよね。

 

 

簡単にサプリメントで予防策を取れるヘルペス

多くの人の体の中に潜んでいるヘルペスウィルス。

風邪を引いたり、疲れが溜まっていたり、ストレスや睡眠不足など、免疫力や抵抗力が低下したときに、ヘルペスウィルスが活動を始め、ヘルペスを発症します。

女性の場合、生理の時期に発症することもあります。

それと合わせて、アトピー持ちの人であれば、ステロイドの影響で免疫が抑制されていたりすると、体力の低下や疲労で簡単に発症する人もいます。

人によっては、体の広い範囲に症状が表れてしまう「カポジ水痘様発疹」を発症することもあるので注意が必要です。

ヘルペスが再発しやすいと思う方でしたら、ヘルペスウィルスの増殖を抑えると言われているリジンを摂取することをオススメします。

それを簡単にするのが、サプリメントです。

例えば、ドクターズチョイス社の「リジンプラス」というサプリメントがあります。

ヘルペスの発症を抑えるために開発された商品で、リジンの他にも亜鉛やビタミンCなど肌の健康やヘルペス予防に必要な栄養素が配合されています。

また、ドクターズチョイス社の良い所は、品質の良さと安全性の高さです。

それに、リジンプラスと一緒に、ヘルペス症状を緩和させるための食品リストが付いてきます。

ヘルペス発症の可能性が高くなるアルギニンとリジンについての知識や、このリストに載っている食品を覚えておくことで、サプリメントとずっと付き合わなくても大丈夫なときが来ると思います。

でも、アトピー体質の人であれば、化学成分などによるアレルギー反応が気になると思うので、使用する場合は慎重に様子を見ることをオススメします。

 

 

ヘルペスをクリアしたら、次はどうしよう?

ヘルペスの予防は、リジンによって効果が期待できると思います。

では、アトピーと生理痛はどう対策を取っていったら良いでしょう。

アトピーは地道にはなってしまいますが、アレルゲンの排除やきちんとした栄養摂取、疲れすぎないことなど堅実な生活を送ることが良いと思います。

アトピーの原因や症状は入院が必要とする重症な人もいるくらいなので、人それぞれ違います。

ただ、もし日常生活をごく普通に過ごせる人であれば、適度に紫外線を浴びることをオススメします。

紫外線は、免疫抑制効果と細胞の増殖を抑制する効果があり、アトピーに良いとされています。

その簡単な方法として、まだ日差しが弱い早朝のお散歩をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

お散歩の効果とは

このようなことをお話しすると冗談のように思われるかもしれませんが、お散歩はアトピー対策に効果があるのではと考えています。

まず、お散歩による適度な運動は血流を良くして、便通が良くなることを実感することができると思います。

アトピーの悪化の要因の一つに、腸内環境の悪化があります。

まだ日差しの弱い朝に、適度な日光浴をしながら、適度な運動をして、掻いた汗を丁寧に拭き取り、軽い朝食を取る。

もしこれが習慣化することができたら、腸内環境も整い、アトピーに対して良い効果を期待できるし、下半身の血流が良くなることで生理痛が軽くなる可能性もあります。

また、アトピーは生活習慣病だということを耳にしたことがあります。

健康的な生活を送れていれば、改善することができるかもしれません。

実際に始めてみて、何か異変が起きたのでしたら、そこで原因を整理してみてください。

運動がダメとか、日光がダメと決めつけず、きちんと原因を見つけることで、他の方法を見つけることができる可能性があります。

アトピーにしても、生理痛にしてもお散歩は効果が期待できます。

まずは、明日の朝から少しずつ始めてみてください。


関連記事