妊活から二人目の出産と育児

アトピー改善とヘルペス予防をするなら、食事の仕方とリジンの摂取から始めよう。

効果的なアトピー対策ってないの?

アトピー体質で、ヘルペスを発症、または再発を経験したことがある人は少なくないと思います。

また、アトピーの改善やヘルペスの予防のためにと、いろんなことを試してみたけど、うまく効果が得られなかったり、思わぬところで悪化した人もいるのではないでしょうか。

人それぞれ原因が違うから、自分にあったアトピー対策をすることができず、いつアトピーが悪化するのか、ヘルペスの再発やカポジ水痘様発疹の発症の恐怖など、ストレスを抱えたまま過ごしていると思います。

その状況が続くとストレスが強まり、良くない状況を引き起こすこともあります。

完治することはないとしても、そんな不安を抱えずに、気持ちよく生活していきたいですよね。

ここでは、食事のことを題材に、アトピー改善法やヘルペス予防についてお話ししていこうと思います。

 

一番の方法は、理想的な食事

理想的な食事と聞くと、どんなことをイメージするでしょうか。

よく耳にすることで言えば、糖尿病予防や改善、ダイエットの話題だと思います。

実は、アトピー改善やヘルペス予防にも効果があると言われています。

難しいことではなく、食べる順番と量、よく噛むことを意識することから始められます。

食べる順番と量は、野菜≧魚類>穀類です。

それらをゆっくりと丁寧に噛んで、食べていくだけです。

もし、食べる量については難しいと感じるようでしたら、食べる順番とよく噛むことだけ意識してみてください。

それと合わせて、リジンという栄養素を積極的に摂ることをしてみてください。

これは、サプリメントで補うことができて、ヘルペス予防として作られた「リジンプラス」がオススメです。

 

 

ヘルペス予防法はまずここから

アトピーとヘルペスであれば、まず簡単に行えるヘルペス予防から始めることをオススメします。

ヘルペスは再発しやすいのが特徴で、アトピー体質の人にとっては煩わしいものですよね。

それに、ヘルペスで怖いことと言えば、「カポジ水痘様発疹」です。

この病気の原因となりやすいヘルペスウィルス(Ⅰ型)は、リジンという栄養素によって増殖や活性を抑えることができると言われています。

ただ、リジンの量がアルギニンより多くないと効果は得られないので、気をつけてください。

まずは、積極的にリジンを摂ることから始めてみましょう。

でも、アトピーが治れば、ヘルペスの心配をしなくて済むと思いませんか?

 

 

アトピー悪化を防ぐには

アトピーの原因はさまざまで、すでに原因が分かっている人もいれば、まだはっきりと分からない人もいると思います。

よく耳にすることとして、元々の体質に加えてアレルゲンや刺激などによって要因が重なり、悪化すると言われています。

例えば、肌のバリア機能が低く、乾燥している状態のところに、アレルゲンや体質に合わない洗剤などによって外から影響を受けたり、日々の疲れなどからくるストレスによって、アトピーは悪化することがあります。

原因を減らすためにと、肌に合う石鹸を探したり、ダニやホコリが溜まらないようにこまめに掃除したり、いろんな工夫をしていると思います。

でも、それもストレスになっている人もいるのではないでしょうか。

できることなら、原因の対策ではなく、根本的なところから改善していきたいですよね。

完璧に改善することはできませんが、食事法によって変えることはできると思います。

 

 

アトピーの食事対策とは?

アトピーの原因は、生まれ持った体質というところもありますが、後天的な要因もあれば、生活習慣の影響によるものもあります。

根本的なところから改善しようとすると、元々の体質を変えることになるでしょうから難しいと思います。

そうではなく、生活習慣によるアトピーの悪化であれば、普段の生活を見直すことで体質を変えることができるのではないでしょうか。

よく耳にするのは、脂質や糖質を制限するように注意することと、腸内環境を整えること。

ここからは、アトピーの改善に必要だと言われている食生活法と、予備知識としてのサプリメントをご紹介していきます。

サプリメントは、定評のあるドクターズチョイス社から選んでいます。

参考にしてみてください。

 

なぜ脂質がアトピーに悪いの?

アトピー体質の人に脂質が良くないと言われているのを、聞いたことがありますか?

脂質が活性酸素と結びつくことで、皮膚の炎症の原因となる過酸化脂質が生まれるからです。

ですが、私たちの体は、脂質がなければ生きていけないので、ある程度の脂質を摂る必要があります。

アトピー体質の人の場合、動物性脂肪より植物性脂肪を多く摂ることが良いとされています。

また、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸をバランスよく摂ることが大切と言われていますが、オメガ6脂肪酸を多く摂りがちになっている人が多いようです。

健康維持の話題などで耳にすることで、牛や豚などの動物の肉より魚から脂肪を摂ること、サラダ油よりエゴマ油などから摂ることは、アトピーにも効果的のようです。

魚が苦手な人や食事の管理が苦手など、意識的にオメガ3脂肪酸を取るのが難しいと思う人もいるでしょう。

そういう人には、「プレミアムオメガ3」がとても高品質でオススメです。

 

糖質はどう関係しているの?

次に、糖質とアトピーの関係についてお話ししていこうと思います。

アトピー体質の人は、ホルモンを分泌したり、産出する働きを持つ副腎という臓器の機能が弱い傾向にあります。

その臓器が作るホルモンの一つに、血糖値を上げたり、炎症反応を抑えたりするのに分泌させる副腎皮質ホルモンがあります。

このホルモンを人工的に作ったのが、薬剤として使用しているステロイド剤です。

体内で分泌される副腎皮質ホルモンは、インスリンの働きで下がり過ぎてしまった血糖値を上げる際にも放出されます。

もし、糖質を摂取して、血糖値が急激に上昇し、副腎がバランスを取るための作業に追われて疲れてしまうと、皮膚などでの炎症を抑える働きが疎かになってしまうと言われています。

できるだけ副腎に負担をかけないように、糖質は制限すると良いようですね。

そう言われても、意識するのは難しいと思うので、糖の吸収を抑えることができる「血糖値コントロールTEA」をオススメします。

 

腸内環境とアトピーの関係って?

腸内環境が良くないとアトピーが悪化する、というお話しを耳にしたことはありませんか?

これは、食事で摂取しているタンパク質と関係しています。

人は、食事によってエネルギーとなるものを体内へ取り込み、栄養素として吸収します。

口で噛み、飲み込んだものは、そのままでは吸収できないため、胃や腸で分解、吸収していきます。

この時に、腸内環境が良くないと十分に消化しきれず、タンパク質も未消化なまま取り入れられてしまい、アトピーの痒みとして表れてきます。

腸の働きが気になる人は、乳酸菌飲料や乳酸菌サプリを活用することで良くなるかもしれません。

オススメなのは、「35ビリオンプロバイオティック」です。

また、ドクターズチョイス社が高品質なのでご紹介していますが、その他にも、ラムノサス菌はアトピーに有効的なので、特化したものを探して使ってみても良いかもしれません。

 

 

アトピーの改善をするには、これ全部やらないとダメ?

アトピーの改善とヘルペスの予防をするために、どちらも意識することが大切なのはわかります。

ですが、これでは大変な労力や出費が伴います。

好きなものも食べれず、食事をすることにストレスを感じてしまい、逆効果となりかねません。

ここまででお話ししたことは、予備知識として覚えておく程度で良いと思います。

 

ここで整理してみましょう

では、実際にアトピーの症状を抑えながら、ヘルペス予防をするにはどうしたら良いでしょうか。

ここで、まず情報を整理してみましょう。

まず、ヘルペスはリジンの量に気を付けることで予防することができます。

健康のためでもありますが、脂質のバランスを意識することが大切で、魚料理を中心に、お肉もできるだけ茹でるようにすることが望ましいです。

糖質も摂り入れやすいので気をつけておくことが大切なことです。

これらを踏まえて、理想な食事とはどうなるのでしょうか。

 

食べる順番に気をつけてみましょう。

食事の仕方として、糖質の摂取量を減らす努力も必要ですが、食べる順番を変えることでアトピーの症状が良くなると考えられます。

それは、血糖値の急激な上昇を避ける方法で効果が得られると思います。

まず、食物繊維やビタミンなどを含む野菜から食べ始め、メインのおかずのタンパク質、主食の糖質という順番に食べていくこと。

それと合わせて、しっかりと水分を摂るようにすると良いでしょう。

また、甘いお菓子は極力控えましょう。

メインのおかずは、オメガ3脂肪酸を摂取できる魚料理を優先し、食事の際はゆっくりと丁寧に噛んで、形がなくなる頃に飲み込むようにしてみてください。

そうすることで、栄養の消化を助けながら、血糖値の急激な上昇を抑えられます。

まずは、この方法から試してみてください。

 

ヘルペスの予防も期待できる!

野菜≧肉・魚類>穀物という順番と量を守ることで、ヘルペスにも良い効果が期待できます。

ヘルペスは、リジンよりアルギニンが多い状態の時に発症しやすいと言われています。

ですが、両方とも多くの食材に含まれているため、どちらも不足することは滅多にありません。

では、リジンが多い食事をするにはどうしたら良いのでしょうか。

アルギニンよりリジンが多く含まれている食材は、ほとんどの肉・魚類です。

いずれもリジンが1.5倍くらい多く含まれています。
乳製品に至っては、約2倍くらいです。

肉・魚類より少ない量のお米を食べるようにすれば、糖質を抑えながらリジンを多く摂ることができ、ヘルペス予防をすることができることになります。

 

まず初めにリジンサプリメントから

食事の仕方はわかりましたが、実際に減らすことはできるでしょうか。

例えば、お肉を100g食べるとして、お米の量はお肉の半分の量である50gが理想とされています。

50gだとお茶碗に半分も入れないくらいの量です。

お米や麺類が好きな人、ついつい食べ過ぎてしまう人にとっては、なかなか難しいことだと思います。

もし、お肉と同等の量のお米を食べると、穀類にはリジンよりアルギニンの方が1.5倍ほど多く含まれているため、意味がないということになります。

それに、食べる順番や、よく噛んで食べることは、慣れるまでストレスになると思います。

できることなら、食事は楽しくしたいですよね。

そういう時は、「リジンプラス」のようなサプリメントをオススメします。

きちんと理想の食事の仕方を身につけられるまで、ヘルペス予防として摂ってみても良いと思います。

食事の仕方を身につけられたら、サプリメントをやめてもいいです。

アトピーの悪化を防ぎながら、ヘルペスの予防ができる食事の仕方を試してみてください。

 

理想の食事で楽しい日々を

アトピーの要因はさまざまあります。

外的要因のもの、内的要因のもの、環境や遺伝、精神的なものまであり、いくつもの要因が重なり合って、肌のバリア機能が低下するという症状が起きます。

食べる順番や量を見直すことで、必ずアトピーを改善できるかというと、そうではありません。

ですが、この食事の仕方をすることで、他の病気の予防もしながら健康的に居られるでしょう。

もし、ヘルペスが心配でしたら、「リジン」のサプリメントを使ってみてください。

まずは、理想な食事の仕方を試してみてください。


関連記事