妊活から二人目の出産と育児

離乳食スタート

育児書や赤ちゃん学級でもらった本などを見ると、離乳食を5か月からスタートしましょう書いてあります。

基本的には、赤ちゃんが食べ物を欲しそうにしてたり、しっかりと一人座りが出来るようになってからのようです。

でも育児書に書いてあるとそうしなくちゃいけないのかなと心配になってしまいますよね。

1人目の時は、5ヶ月目からスタートしようとしていたのに、下痢が長引いたので結局6ヵ月を過ぎてからのスタートになりました。

6カ月過ぎてからのスタートで問題なかったので、2人目も遅めにする予定でいました。

腰もすわって1人でお座りもできしっかりしているし、歯も生えてき食べ物を見て欲しそうにはしていたのですが、

離乳食スタートが遅めで大丈夫だよと先輩ママからもアドバイスを頂いていたので安心です。

6ヵ月からスタートしようと準備をしていたのですが、数日前から熱を出してしまって少し延期しました。

結局、6カ月半でスタートさせました。

まずは、10倍がゆをこしてドロドロにして小さじ1をあげました。

とっても、不思議そうな顔をしてスプーンの上のおかゆを口に入れていました。

小さじ1を食べた後は、まだ授乳タイムを取ります。

おデブちゃんなので、グビグビよく飲みます(笑)

お兄ちゃんの時に使っていた離乳食の本を使って、同じように進めることにしました。

小さじ1を2日間、小さじ2にして2日間という感じで、徐々に増やしていきます。

おかゆが落ち着いたら、次に人参を小さじ1から増やしていきました。

毎日全部食べ切るという事もなく、眠たくて機嫌が悪い時は一口舐めただけで泣いてしまって、全然食べてくれない日もありました。

そんな時は、すぐに切り上げて授乳タイムにしちゃいました。

今でこそ、簡単にあきらめて授乳しちゃうけれど、お兄ちゃんの時は、どうして食べてくれないのかな?

何がいけないの?どうしよう?とずっと悩んでいたんです。

そんなこともあったなぁと思い出すと、今って本当に気楽に離乳食をあげてるなぁって思います(笑)

よく考えれば、この時期に離乳食を1回スキップしてしまったぐらいどうって事ないですもんね(笑)

まだまだ離乳食ではなく、おっぱいが中心の栄養補給ですからね。

離乳食を始めてから、熱が出てしまった時は2日間離乳食を辞めたこともありました。

これも、熱があるから今日は止めよう、熱が下がったけれど自分がしんどいからもう1日止めようという感じでストップしました。

離乳食を再スタートさせる日は、少し様子を見ながら離乳食をあげてたのですが、何の問題もなく食べてくれました。

土日しか一緒じゃないけれど、お兄ちゃんは同じテーブルで、隣で妹が少しだけどご飯を食べるのが嬉しいみたい。

自分も妹にご飯をあげたいと言ってスプーンでおかゆを取って食べさせてあげることもあります。

同じものを食べれるようになったら、もっと楽しいだろうな~。

まだまだ先だけど、早く離乳食が完了してほしいなぁ。


関連記事