妊活から二人目の出産と育児

2回食スタート

離乳食は順調に進み、離乳食開始から1ヵ月半後には2回食に進みました。

今まではお昼だけの1回食で、食べる事の練習という気持ちだったので、とっても気楽にしていましたが、2回食になると少し大変です。

まず、離乳食をあげる時間ですが、調整するのがとっても難しかったです。

お昼はお兄ちゃんも幼稚園でいないので、午前中のお昼寝から起きて、落ち着いた11時半から12時頃にあげていました。

2回目は4時間後くらいの4時にするか、一度授乳して6時頃にお兄ちゃんと一緒にご飯にするか迷いました。

なるべく毎日同じ時間にあげる方がいいと教えてもらいましたが、兄弟がいるとなかなか時間を調整するのが難しいんですよね。

2回食を始めたばかりの頃は、離乳食をあげる時間を悩みながら、4時頃になったり6時ごろになったりしていました。

しばらくすると、お昼寝を夕方にするようになったので、お昼寝から起きて5時半から6時頃に離乳食というのが習慣になっていきました。

途中授乳もするし、食事と食事の間も時間をあけても大丈夫そうでした。8ヵ月後半になると、食べる量も増えてきたので、授乳の時間も減っていきました。

離乳食をしっかりと食べてくれるお蔭で、授乳の回数が減り、昼間はとっても楽です。

離乳食の回数も増えて食べる量も増えると、レパートリーも増やさなくちゃだし、冷凍してストックする量を増やさなければなりませんでした。

1回食の時も、ご飯や野菜を冷凍しておきましたが、それ以上に準備しました。

おかゆを炊飯器でまとめて炊き、10食分くらい冷凍しておきました。

細かく刻んだ、人参、ほうれん草、ブロッコリーなどはたくさん冷凍。

キャベツ(それか白菜)と玉ねぎをコトコトと柔らかくなるまで煮て、フードプロセッサーでスープ状にして、冷凍キューブを作っておきました。

それと、かぼちゃと玉ねぎも同様にしておきました。1回目は緑のスープ、2回目は黄色のミルクスープという感じに、味を変えてあげます。

それにコープで購入した、コーンと枝豆のペーストも大活躍です。

お兄ちゃんの時は、冷凍食品何て使いたくない!と思っていましたが、いざ使ってみるととっても楽です。

気負わずに、手抜きしながら離乳食作りを頑張るのがいいですね。

冷凍食品を使ったりしながら、赤ちゃんでも色で楽しめるようにカラフルな離乳食を目指しました。

かぼちゃやコーンのミルクスープには、残ってしまった粉ミルクを使っています。牛乳をあげる事に抵抗があるので、こんな時は粉ミルクが大活躍です!!

ついこの前まで、ペースト状しか食べなかった気がするのに、歯も8本生えている娘は、すでにモグモグ食べるようになっています。

なんて子供の成長って本当に早い!!毎日毎日、驚きの連続ですよ。

あっという間に、離乳食期も終わり、お兄ちゃんと同じものを食べるようになっちゃうのかな~。


関連記事