妊活から二人目の出産と育児

市販の離乳食に挑戦

9ヵ月になる頃に4泊5日で旅行へ行くので、旅先では全ての食事が市販の離乳食になる予定です。

そのため、1ヵ月前から食べれる食材をどんどん増やしました。

妹ちゃんは6ヵ月半からと離乳食のスタートが遅かったので、9ヵ月になったころでも、7、8ヵ月用離乳食になります。

9、10ヵ月用の離乳食に比べると、品ぞろえが少ないのが残念です。

市販の離乳食を何種類か買いそろえて、その中に含まれる食材を食べれるようにしました。

幸いにも妹ちゃんはアレルギーもないし、食欲もすごくあるし出したものは全部食べてくれます。

念のため練習に市販の離乳食をあげてみたけれど、初めて食べたとは思えなくらいモリモリ食べてました。

お兄ちゃんの時は、離乳食をなかなか食べてくれなかったし、ましてや市販の離乳食を完食する事なんてありませんでした。

なので、いつまでもおっぱいを飲んでいたんです。同じころに4泊で旅行に行ったけど、授乳出来る場所を探したりするのも大変だったなぁ。

妹ちゃんは離乳食の後におっぱいを飲まないので楽なんですよね。

その分、夜中の授乳回数が多いけど(汗)

2人目を育てていると、似ているところもあれば全然違うところもあって、子育てって本当に難しいなぁって改めて思います。

妹ちゃんは離乳食のスタートが遅かったけれどこの調子で離乳食を進めていれば、通常通り1歳半には離乳食完了できそうかな。

食事の時は、コップやスプーンで少しずつ水や麦茶をあげているのですが、旅先用にマグの練習も始めました。

初めは哺乳瓶と同じ乳首を付けたマグで練習したのですが、全然飲めませんでした。

ミルクは産まれて1週間くらいしか飲んでいなかったので、哺乳瓶で飲むことは忘れてしまったのかもしれませんね。

結局、お水も入れないでマグを持つ練習から始めました。その後、ストローを付けて飲ませてたのですが、初めは飲めませんでした。

次の食事の時にもう一度チャレンジしてみたら、今度は飲めました。一度飲めると次は、問題なく飲めていました。

吸引力が弱いので、たくさんは飲めていないのですが、上手に飲めてます。赤ちゃんの成長って、本当に日々進化しているので、毎日が驚きの連続ですね。

以前、赤ちゃんはマグを使って飲むのは難しいと聞いたことがあるのですが、お兄ちゃんも妹ちゃんも問題なく飲めました。

お兄ちゃんよりは、妹ちゃんの方が飲めるようになるのが早かったかな。

うまく離乳食を進められているお蔭で、旅行でも市販の離乳食を食べてもらえそうで一安心です。

2人目だからか、離乳食を進めるのも順調すぎます。

お兄ちゃんの時は、食べてくれない悩みやどうやって離乳食を作ろうかなど色々考えて、悩んで試行錯誤しながら進めました。

そのお蔭で楽に感じるんでしょうね。


関連記事