妊活から二人目の出産と育児

妊婦が体重を増やさない為、痔の悪化を防ぐための食事

妊娠後期に入り体重がグッと増えてしまったので、体重を増やさない為に食事管理にはとても気を使いました。

出産したら、なかなか外食できなくなるので友達とランチへ行ったり、子供と二人で外食を楽しんだり、思うままに食べるという妊婦生活を送ってしまい・・・。

あれよあれよという間に、トータルで9キロも太ってしまいました。

出産前までに9キロ~12キロくらいまでの増加でおさえるようにと言われていたのに、8ヶ月の時点で9キロ増は一大事です!

出産までにはグンと増えると言われているので、これ以上増えないように頑張って頑張ってトータル12キロ増で抑える事が出来ました。

身体を動かすのも大切ですが、私の場合は食事制限が一番重要だと思い、とても気をつけました。

9ヶ月に入った頃には、いぼ痔が悪化してしまい動くことも辛い状態になりました。ご飯を作るのも、買い物へ行くのも、子供と遊ぶのも辛い・・・

いぼ痔のお蔭で少し食欲を失った事が、逆に体重を増やさずにいられたのかも?!食事は基本的に和食を中心に作りました。

お菓子はほとんど食べないように、大好きなチョコ、ポテトチップスは見ないように・・・買い物へ行っても、お菓子コーナーを歩くこともしませんでした。

結果、子供にもお菓子をあげないようになっちゃいました(笑)

子供のおやつは、サツマイモフライや石焼き芋、手作りフライドポテト、手作りクッキーなど極力手作りにして、

砂糖やバターや塩分を制限したり、油もグレープシードオイルを使うようにしました。

お肉料理も鶏もも肉を使うなら胸肉に。豚バラなら豚小間やロースに。という感じで、脂身を使わないようにしました。

鶏むね肉ってパサパサしたりするから使いたくないという人が多いと思うのですが、料理の仕方や下味の付け方によってはとってもジューシーで柔らかくなるんです。

今では唐揚げは必ず鶏むね肉を使ってます。

子供が大好きなチキンナゲットには胸肉に豆腐を入れて作った見たり、ハンバーグにも豆腐を入れたりしました。

豆腐でかさましは節約にもなるので一石二鳥ですね。

食物繊維豊富な野菜を多めに食べる事で、お通じにもバッチリ効果がありました。

妊娠中は塩分を控えめにしなくてはいけないので、お味噌汁を具だくさんで作り、汁は残すように!もちろん大好きなラーメンのスープも飲まずに残していました。

そして、そして痔に悪いと言われている辛いもの、タケノコも食べないようにしました。脂っこいものや、甘いものの食べすぎにも注意しました。

玄米がいいと聞いたので、発芽玄米2:白米1の割合にアマランサスを混ぜて炊くようにしていました。

これは家族には不評だったので、私だけ(笑)

白米を食べる量を減らす事で、かなり効果的ですね。

この食生活は、妊娠中じゃくても続けると健康的でいいかもしれません。


関連記事

カテゴリー