妊活から二人目の出産と育児

赤ちゃんを主人に預けてお出掛け

赤ちゃんが2ヶ月になった頃に、長男の幼稚園の母親参観日がありました。

赤ちゃんがまだ小さいので、主人が行ってもいいのですが、今回は主人に赤ちゃんを預けて私が行くことにしました。

入学願書の提出と面接、入園式、春の遠足も主人と一緒だったので、母親参観日くらいは私が行きたいと思ったからです。

まだ3歳なのに、入園式も遠足もパパと行く事をちゃんと理解し我慢している長男が可哀想にも思ったからです。

幼稚園の先生から、ママと一緒じゃないのに泣かないなんて偉いねと入園式の時に褒めてもらったのが効果あったのかも?!

男の子は単純ですね(笑)

2ヶ月の赤ちゃんなので、まだ3時間くらいで授乳タイムになります。

私がいれば時間に関係なく、抱っこで泣き止まなければおっぱいをあげることができ来ますが、主人だとそうはいかないので大変(笑)

こんな時に、買いすぎてしまったミルクがとっても役に立ちました。

もしミルクがなければ、母乳を搾乳して冷凍しておくのですが、ミルクがたくさん余っているのでミルクを作る準備しておきました。

キューブタイプのミルクは、初心者のパパも簡単にミルクを作る事が出来るのでおススメ!!!

出掛けるギリギリにおっぱいをあげて、哺乳瓶とミルクを準備をして10時には着くように出発しました。

幼稚園での長男はとっても楽しそうで、教室での様子やママとの身体を動かした体操などをして楽しみました。

そして、お昼も給食を一緒に食べました。

家に帰ると、赤ちゃんを寝かしつけて疲れ果てている主人の姿が(笑)

たった半日赤ちゃんの面倒を見ただけで、クタクタなのですから24時間一緒にいる私の気持ちが少しはわかったかな?

ミルクをよく飲み、抱っこして寝かし、置くと起きてしまうのでずっと抱っこして寝かしていたそうです。

たまにはこういう時間を作ったほうが、育児の大変さが分かっていいかもしれません。またお願いしよう。

とっても楽しそうにしている長男の様子を見ることが出来て、私もとっても幸せでした。

久しぶりのママとの二人だけの時間に、長男も満足そう♪

幼稚園では、先生に妹が出来たことを嬉しそうに話し、赤ちゃんとってもかわいいと言っているそうです。

その話を先生から聞くことが出来て安心しました。

まだ赤ちゃん返りをしている状態だけど、外ではしっかりとお兄ちゃんらしい話をしているんだなと感心(笑)

でも、悲しい思いをさせてしまっていることは事実なので、私もなるべく長男との時間を作れるように対策をしています。

幼稚園へ送り出してから、赤ちゃんんのお世話をしながら掃除洗濯など身の回りの家事を済ませ、お迎えの2時までに夕飯の支度を済ませています。

こうしておくと幼稚園から帰ってきた長男と、遊べる時間を作る事が出来ます。

小さい赤ちゃんがいると、公園までは遊びに行けないので家の外で自転車に乗ったり、シャボン玉をしたりします。

赤ちゃんが泣くと部屋に戻り、寝かせてまた外で遊ぶという感じでママはヘトヘトです(笑)

長男にストレスを貯めさせないように、主人が休みの日にはプールや大きめの公園に連れて行ってもらいます。

なんだかんだで主人は大活躍してますね~。


関連記事

カテゴリー