妊活から二人目の出産と育児

赤ちゃんが産まれてからのお兄ちゃんの変化

赤ちゃんが産まれてから、本当に上の子は成長しました。

今までは長男や上の子と書いていたけれど、自分の事を「お兄ちゃん」と言って妹と遊ぶ姿を見たりしているので、私もお兄ちゃんと呼ぶようになりました。

本人を呼ぶときは名前で呼びますが、妹に向かって話すときは「お兄ちゃんに遊んでもらえていいね~」なんて声をかけたりします。

そうすると、お調子者のお兄ちゃんは大喜びでますます妹と遊んでくれるんです。

こんな感じになるまでには、本当に大変な日々がありました。赤ちゃんが産まれてから、赤ちゃん返りをして本当に大変でした。

ピークは4ヶ月になった頃に過ぎたのですが、眠たい時や機嫌が悪い時は手が付けられないくらいわがままになります。

特に酷かったのは寝ている時でした。

ベビーベットを卒業して一緒に寝るようになってから、添い乳をしている時お兄ちゃんに背中を向けていると、こっちを向いてと泣き出します。

仕方がなく、おっぱいをやめてお兄ちゃんの方を向いて寝かしつけ、また授乳をするという日々が続きました。

ゴロゴロして遊んでいる時も、自分が真ん中じゃないと怒ります。

しかも、私と赤ちゃんがじゃれていると、怒りながら自分も抱っこしてほしいとやってきます。

なので、お兄ちゃんが幼稚園に行っている間に赤ちゃんとスキンシップをとり、幼稚園から帰ってからはお兄ちゃんと遊ぶ時間をたくさん作るようにしました。

赤ちゃんが7ヵ月頃になると、幼稚園でも妹が可愛いくて大好きと話をたくさんしていると幼稚園の先生が教えてくれました。

幼稚園から帰ってくると、率先して妹と遊んで面倒を見てくれるようなったり、赤ちゃんが泣いていて私が手が離せないとあやしてくれたりもします。

妹がいる状況に慣れてきたというのもあると思うのですが、妹が自分を見て笑ってくれるようになったのが嬉しいようです。

いないいないばぁをしたり、こちょこちょをしたり、本を読んであげたりすると、とっても喜んで笑っています。

それに、幼稚園から帰ってくると、嬉しそうにお兄ちゃんに向かってハイハイしていくんです。そんな妹が可愛くて仕方がないんでしょうね。

お風呂も一緒に入りたがらなかったのに、妹と一緒に入りたがったり、泣いているとおもちゃを渡して泣き止ませたり、

妹が散らかしたおもちゃを片付けるのはお兄ちゃんの仕事だよと言って片付けてくれたりもします。

怖いくらい優しいお兄ちゃんに変身しました。

この前は、泣いていた赤ちゃんに「静かにして!」と私が言ったら、「赤ちゃんなんだから仕方がないよね」と言って笑わせようとしてくれたりもしました。

そんな成長したお兄ちゃんを見て、私も嬉しくなってしまいます。

私が赤ちゃんを膝の上にのせて遊んでいたり、ゴロゴロしているとやきもちを焼くこともまだまだありますが、妹大好きなお兄ちゃんに成長していく姿が頼もしいです。

私もこんなお兄ちゃん欲しかったなぁと思うくらい、カッコイイ優しいお兄ちゃんになって欲しいなぁと思います。


関連記事