妊活から二人目の出産と育児

ママの睡眠事情

そろそろ半年経つし、睡眠時間も落ち着いてくるかなぁと思った矢先に、妹ちゃんが熱を出しました。

鼻水が出たり、鼻が詰まったりで眠れないみたいで、いつも以上に起きる回数が増えて大変。

その度に鼻水を取ってあげたり、鼻が詰まらないように抱っこしたり、授乳したりと私の寝不足もピークを迎えていました。

熱も数日で治まり、鼻水も咳も落ち着いたところで添い寝を開始してみることに!

添い乳をすることで、夜中の授乳の度に起き上がらなくて済むので私も楽になりました。

妹ちゃんの生活リズムも徐々に整ってきて、お風呂も同じ時間入るようになり、夜寝る時間も決まってきました。

お風呂から出て、授乳しながら寝るのですがまだまだ眠たくないお兄ちゃんがいるとうるさくて眠れないんです。

お風呂に入って、歯を磨いたらお兄ちゃんはパパと上で遊んで、眠たくなったら下に降りて私と妹ちゃんと寝るという形が整ってきました。

本当ならば、お兄ちゃんはパパと上で、私と妹ちゃんが下で寝るというのが楽なのですが、パパとも寝たいけれど、やっぱり私と寝たいみたいです(笑)

先日私が具合悪くなった日は、私がぐったりしている姿を見て、今日は上で寝るよと言って頑張って上で寝てくれました。

パパが夜遅い日、2人を寝かしつけるのは一苦労です。

お兄ちゃんが静かにしてくれていれば、妹ちゃんもおとなしく寝てくれるのですが、そうはいきません。

逆に、お兄ちゃんを先に寝かそうと思うと、妹ちゃんが泣いてお兄ちゃんも眠れません。

本当に毎回イライラして、このイライラが子供たちに伝わるようで、余計に寝てくれません。

このころは、毎日お兄ちゃんを怒っていたような気がします。

もう嫌で、下で泣いてるお兄ちゃんを放置して妹ちゃんを連れて2階に逃げてしまう事もありました。

そんな生活にも疲れ、7ヵ月も過ぎ添い乳も慣れてきたしそろそろみんなで上で寝てみようという事になりました。

お兄ちゃんとしては、4人そろって上で寝るのが嬉しかったみたいです。

パパがいる日は、お兄ちゃんは早めに上に上がりパパと遊んだりして、9時半から10時ごろに寝ます。

パパがお兄ちゃんを寝かしつけた後に、下で寝かしつけた妹ちゃんを上に連れて上がります。

寝る環境が変わったのが分かるのか、妹ちゃんは数日間はなかなか長く寝てくれずかなり夜泣きをしていました。

妹ちゃんの夜泣きに慣れているお兄ちゃんは気にせず、爆睡していますが、パパは何度も起こされていました(笑)

これで授乳で起こされるママの辛さが分かったかな!!!

数日すると、夜中に起きるのも3回くらいに減り添い乳して寝てくれるようになりました。

添い乳しても泣いて寝ないときは、パパが寝かしつけるのを手伝ってくれるようにもなりました。

お蔭で私の睡眠時間も増えてかなり楽になったかな。

そうそう、パパがいない日の寝かしつけはとっても楽なんです。

3人で寝室に行って、添い乳をしながら妹ちゃんを寝かしつけ、お兄ちゃんは私の背中に張り付いて寝ます。

赤ちゃんが先に寝て、お兄ちゃんが寝付けないときは、二人でこっそりと本を読んだりもします。

このスタイルを作るまでは大変だったけど、「ママ背中が寒いから、くっついて温めてくれる?」と
言ったら、嬉しかったようで、それからは毎回背中にくっついて寝るようになりました。男の子って単純です(笑)

妹ちゃんの面倒、お兄ちゃんのわがままでストレスが溜まっていたのか、イライラしてることが多かったのですが、
思い返すとこのリズムが作られてからは、楽になったような気がします。


関連記事