妊活から二人目の出産と育児

葉酸と二分脊椎症 身ごもる赤ちゃんの心配は後、まずは夫婦の健康

妊活には葉酸という言葉を頻繁に聞くようになってきました。

国で葉酸を1日400μg摂るようにお知らせがあったり、母子手帳にも葉酸がいかに大切なのか書かかれたりしているので身近になってきていることでしょう。

妊娠中に葉酸をとることで赤ちゃんが神経管閉鎖障害になる可能性を下げることが言われています。
親として赤ちゃんにできることはしてあげたい気持ちから効率よく吸収できるサプリに頼る方が増えました。

妊娠中に葉酸が足りないと赤ちゃんに障害が出るのかといえばそうでもないのですが、巷には恐怖を煽る文句が多いものです。

しかし、妊娠してからではなく妊活をしている時から夫婦で葉酸を摂る必要があることは忘れられがち。

 

そもそも健康ですか?

最近、葉酸と妊娠はセットでママになりたいと願う女性たちの話題にも良くでてくると思います。とはいえ、葉酸に頼らずとも無事に出産できた方もたくさんいるのも忘れてはなりません。

妊活をして無事に出産ができるかどうかは運に頼らなくてはいけないこともあるでしょう。
なぜ赤ちゃんに異常が出るかはあまりはっきりした研究結果が出ていないのも事実あります。

一般的に母親が健康であれば健康な赤ちゃんを産むことができるでしょう。

しかし、母体からは見えないのでいかに対策をしていても流産してしまったり、早産だったり、神経管に異常が出てしまうこともあるでしょう。

とはいえその前に、健康でなければ妊娠すら難しいということを忘れてませんか?

確かに葉酸は赤ちゃんの成長、母親の健康に大きな役割を果たします。

しかし、普段の生活を見直さないことにはいくらサプリを飲んでいても何の意味もありません。

妊娠の前から健康であればもしかしたら葉酸サプリなんて飲まなくていいのかもしれないし、十分な栄養を摂っていればそれだけで妊娠してからの赤ちゃんへの成長の助けになるかもしれないですよね。

健康であればこそ妊娠の可能性を高めるのです。

障害のリスクを考えるのはその後でも大丈夫でしょう。

子供のためと思われがちな葉酸サプリですがまずは自分たちの健康のために使用するべきなのかもしれません。

 

なぜ妊娠前から葉酸を飲むことがいいのか?

葉酸サプリについて調べて勉強をされていれば知っていると思いますが、妊活を始めようと思った時が葉酸サプリを始める時です。

人間の体の大切な部分である脳や脊椎が作られるのはお腹にいる時の初期です。
体を作るためにはたくさんの栄養が必要で中でも葉酸は重要な栄養素。

妊娠初期には葉酸の必要量が上がっていきますからそれまでに母体にはたくさん蓄えておいたほうが神経管閉鎖症になるリスクが軽減されると言われているそうです。

葉酸はお腹の赤ちゃんのために欠かせない栄養素ですが、栄養が足りなければ何かしらの異常が起きることもあるかもしれませんので頭に留めておいてください。

また、サプリを始めたからといって急に身体中に栄養が満たされ葉酸もしっかり蓄えられるわけではないので計画的に早い段階で始めることが赤ちゃんと母親には安心です。

実際、母親の体から赤ちゃんが栄養を吸い上げていくわけですから、栄養を補う必要があるのは実は母親自身のためかもしれませんね。

確かに葉酸はお腹の中の赤ちゃんに必要な栄養素の一つであることは間違いないです。

妊婦に葉酸が必要と一般的には思われていますがもっと重要なのは妊娠前の期間こそ優先して葉酸を蓄えておくことが必須であることを覚えておいてください。

そして妊娠前はパートナーの男性の協力が不可欠です。

健康な精子をたくさん作るためにも生成に役立ち、体力の向上のため葉酸サプリを男性にこそ摂ってもらいたいもの。

神経管閉鎖障害を心配するよりも、男性も女性も栄養が不足してれば妊娠する確率が低くなりますからしっかり自分たち自身の栄養を管理して健康でいる必要があるでしょう。

 

妊活で忘れがちな精子の健康状態

不妊と聞いたら女性に問題があるのかといえばそんなことはありません。

染色体の異常や受精能力のない不完全な精子、歪(いびつ)な精子などの可能性もあり意外かもしれませんが不妊の原因のおよそ半分は男性の方にあると言われています。

草食男子なんていう言葉が流行るように近年の男性はなんでも控えめが良しとされる時代。
女性が妊活にやる気があっても男性は少々疲れ気味です。

さらに男性の精子の質が低下しているので妊活はお互いを助け合いながらしていかないことには難しくなってきています。

男性の精子を健康にしていかないことにはそもそもの妊活が始まりません。

葉酸は精子の染色体異常を予防し、健康な精子を作るのに役立つと効果を期待できるので妊活を始めるにあたり男性も葉酸を摂るよう最近では言われています。

女性と同じように葉酸を飲んだからといってすぐに効果は現れません。

やはり継続して飲むことで精子を正常化して向上させていくことになります。

精子のもとである精源細胞が精子に成長するまでは二ヶ月ほどかかるので、いつ妊娠するのかという目標を立てたほうが夫婦で取り組みやすいでしょう。

 

自分たちの健康から始める葉酸

妊活中の夫婦が赤ちゃんをおもって栄養を補うために葉酸サプリを使おうと思うのは親として当然なのでしょう。

しかし、スタンスとしてはまずは自分たちの健康が保たれなければ妊娠すら叶わないことを忘れないでください。

この機会に103種類の天然の素材で作られ葉酸だけでなくたくさんのビタミン・ミネラルが豊富なオーガニックレーベルの葉酸を夫婦で健康のために習慣づけてみませんか?


関連記事

人気の投稿とページ

カテゴリー