妊活から二人目の出産と育児

妊娠中にマタニティーマークを付ける理由

最近ネットのニュースで気になる話題がありました。妊婦さんがつける”マタニティーマーク”のキーホルダーの事です。

私も母子手帳を交付してもらった時にもらったキーホルダーを付けています。

何の疑問もなく付けていたのですが、公共機関を使う妊婦さんは付けない人が多いそうです。

マタニティーマークを付けている事で、電車に乗っている時ににらまれたり、お腹をけられたり、足をかけられて転んでしまった人もいるようです。

そんな危険な目にあってしまうなら、マタニティーマークを付けるのを辞めようと思ってしまうのは当然だと思います。

付けるのは怖いから、せめてバックの中にしまっておくという人もいるようです。別に、「みて~私妊婦よ~」って自慢するためにつけている人はいないんですけどね。

つわりが酷い時、急に体調が悪くなった時、お腹が大きくなって立っているのがつらくなった時は席を譲って欲しいなと思いますが、普段からそんな理由で付けているわけではないんです。

妊婦さんにかかわったことがない人からしたら、

「妊婦だからって、何で席を譲らなくちゃいけないの?」

「電車に乗らなければいいじゃん」という考えの人が多いようです。

公共機関を使わなくちゃいけないところに住んでいる人は大変そうですね。

私は逆に、車無しでは生活できない所に住んでいるのですが、車にマタニティーマークを付けています。

車いすの方、妊婦さんが置く駐車スペースに車を置いたのですが、「身体障害者じゃないのに車をおいた!!」と注意されたことがあります。

なかなかマタニティーマークを理解してくれている人も少ないのは事実です。

そもそも、バックなどにマタニティーマークを付ける理由は、万が一事故にあった時に自分が妊婦だと知らせるという意味もあります。

母子手帳を常に持っているわけではないので、マタニティーマークで伝えるのです。

車も同様で、事故にあった時車の中には妊婦が乗っているという事を伝えるためです。

妊婦が乗っているから、安全運転中ですというアピールもあります。

万が一の時に備えて持っているという意味が一番強いので、それを理解してもらいたいなと思います。

決して、優先してくれとか、自慢しているわけではないのです。

妊娠して幸せな生活をしている反面、色々と我慢したり制限していることもあるのに、身の危険まであると本当にどうしていいか分からなくなってしまいますね。

妊婦や子供が肩身の狭い思いをしているのは、日本だけという話も聞いたことがあります。

友人の旦那さんが外国の方なのですが、子供連れで日本の電車に乗った時に日本人の不親切さにびっくりしたと言っていました。

ベビーカーをのせたら迷惑そうな顔をされたようです。

親切日本、おもてなし日本なんて言っているけど、実際は日本人は不親切と思われてしまった事が切なかったと話してくれました。

自分よりも弱そうな立場の人に親切に出来ない習慣が当たり前になっているんじゃないかなと思います。

妊婦さんや子供連れの人が、もう少し肩身の狭い思いをしないようにお互いに思いやりを持てる日本にしたいなと思いました。


関連記事

人気の投稿とページ

カテゴリー