妊活から二人目の出産と育児

妊娠してから元気をもらった言葉

妊娠6ヵ月になると、お腹が出てきているので妊娠していることをわかってもらえる事が多くなります。

 

2人目が欲しくて妊活を頑張っていたのですが、なかなか出来なくて悩んでいたこともありました。

 

 

子供を連れて散歩に公園へ行くと、知らない人から話しかけられたりします。

 

「そろそろ2人目を考えたほうがいいんじゃない?」「兄弟は作ってあげないの?」なんて言われることも多くて、

「そうですね~」と会話を流していたけれど、毎回ショックな気持ちになっていました。

 

 

私の母や、義理の母ですら気を使って聞いてこない事を、何で他人に言われなくちゃいけないんだろう?と、かなりブルーな気持ちになったのを覚えています。

 

 

逆に妊娠してからは、元気をもらえる言葉をかけてもらえることが多くなりました。

上の子が男の子なので「次は女の子がいいの?」と聞かれることが多いです。

 

 

こればっかりは神のみぞ知るなので、「元気で健康な子供が産まれるのが一番だよね」と言っていただけます。

この言葉は、元気をもらえるとうか、本当にそうだなと思える言葉です。

 

 

11月に主人のお母さんが泊まりに来ました。

大阪からの一人旅で、草津温泉に一泊して我が家に一泊していきました。

遠くに住んでいるので、うちの子供に合うのも4回目」です。

 

 

人懐っこい子供なので、人見知りすることもなくあっという間に仲良くなってました(笑)

実は、妊娠の報告をまだしていなかったので、サプライズで伝えました。

 

 

「おめでと~」と喜んでくれましたが、2人目はまだかとずっと聞きたかったそうです(笑)

年齢的な問題もあるし、デリケートな質問なのでやっぱり聞きにくかったと言っていました。

 

 

「小さな子供もいるし、体力的にも低下しているし、大変だからどんどん息子をこき使うんだよ~(笑)」と言ってくれました。

 

 

嫌味なお母さんだったら、息子に迷惑かけないようにしてね~なんて言いそうですけど、義理の母はそっち派ではなかったのでラッキーです。

妊娠してからや、子育て中は旦那さんも優しいし、理解もあるのでその点も本当に恵まれているかも知れません。

 

 

得に気の利いた言葉などは言ってはくれないけれど、子育てに行き詰った時に相談したりすると、理解してくれるので本当に助かります。

来年の4月に赤ちゃんが産まれると、今以上に体力も使うだろうし、大変なのを想像してしまいます。

 

 

「気を使わないで、どんどん用事を頼みなさい」と義理の母からも言われているし、

旦那さんもそれをOKしているので、今以上に遠慮せず用事を頼もうと思っています(笑)

 

 

まわりからそう言ってもらえると、子供が増えて子育てが大変になろうだろうなという心配が薄れてきました。

出産頑張ってね、子育て大変だけど頑張ってねと言われるよりも、元気もらえるし嬉しいこと言葉ですね。


関連記事

カテゴリー