妊活から二人目の出産と育児

妊婦健診 トキソプラズマ菌の検査結果は陰性 ホッとひと安心

妊娠6ヵ月、母子手帳をもらってから3回目の妊婦健診へ行ってきました。

初回の検査の結果を2度目の妊婦健診の時に聞いたのですが、トキソプラズマ菌が陽性の反応が出た言われました。

 

妊娠してから感染すると、胎児影響する可能性があると言われているので、いつ感染したかを調べる為に再検査をしていました。

 

検査結果が出るまではドキドキした日々を過ごしました。

 

治療が必要な結果だったら、すぐに連絡しますと言われていたのですが、1週間経っても2週間経っても病院からの連絡はありませんでした。

 

おそらく大丈夫だったんだろうと思ってはいたのですが、確実に検査結果を聞くまでは安心できませんでした。

 

 

そして、先日3度目の妊婦健診で検査結果を聞いてきました。結果は陰性だったので大丈夫という事でした。ホッとひと安心です。

 

 

そして、前回はお預けだった性別の判断ですが。。。「女の子」でした~。

 

 

健康で生まれてくれれば、どちらでもいいとは思っていても、女の子がいいなぁとずっと思っていたので、本当に嬉しかったです。

 

 

診察でエコーを見せてもらっている間は、幸せな気持ちもありますが、不安な気持ちもあります。

 

というのも、ドラマ「コウノドリ」を観るようになってから、妊娠中にわかる病気や出産の怖さを知ったからです。

前の放送で、無脳症、口唇口蓋裂という病気を知りました。口唇口蓋裂の場合は手術や整形手術で治るそうですが、無脳症の場合は死産をしなければならないという内容のでした。

 

 

お腹の中にいる赤ちゃんの病気がエコーでわかるわけですから、これらの病気を知ってからエコーを見た時はドキドキしてしまいました。

 

 

今までは何も問題がないという事が前提で、エコーを観ながら先生の話を聞いていましたが、

3度目の妊婦健診の時は、頭の大きさや肉付き、目、口、鼻、手、足をエコーで観ながら大丈夫なんだろうか?という思いで、先生の話に耳を傾けました。

 

 

「頭の大きさは標準です。口も正常なので心配ないですよ。」

この言葉は2度目の妊婦健診の時にも言われましたが、病気を知らなかった時と、知ってからとでは私自身の安心の仕方が全然違いまいました。

 

まだ逆子の状態なので、左側を向いて寝るようにしてくださいね。とアドバイスもされました。これは、初めての妊娠の時と同じです。

なかなか逆子が治らず、逆子体操を毎日していました。

 

本当に逆子が治っているのかな?と毎回妊婦健診の時にドキドキしながらエコーを見たのを思い出しました。

 

妊婦健診で体重測定をするのは怖いので検診の回数は月に一度で十分だけど、

エコーを見て赤ちゃんが何の問題もなく元気にしているのかはもう少し頻繁にチェックしたいなと思うようになりました。

 

 

次の検診まで、しっかりお腹の中の赤ちゃんを守っていかなくちゃなと思っています。

女の子とわかったので、どんな名前にしようか考える楽しみが増えました♪♪


関連記事

カテゴリー