妊活から二人目の出産と育児

妊活と病院

妊活を初めてなかなか妊娠しないと、どのタイミングで病院へ行くのがいいのか迷っている人がたくさんいます。

私の知り合いで、39歳妊活中の方がいるのですが、年齢も年齢なので病院での不妊治療をすることを一番に選びました。

本当は排卵検査薬を使ったりして、病院へ行かずに妊活したかったそうですが、のんびりしていられる年齢ではないと思い、不妊治療の病院へ行ったそうです。

病院の先生に、年齢の問題もあるし、簡単には妊娠しないだろうから早めに治療するのをおすすめすると言われたそうです。

彼女としては、まずはタイミング法から、ダメなら体外受精へと進めていこうと考えていたそうです。

先生からストレートにそういわれたことに、相当焦りを感じたと言っていました。

そうなると早くしなくちゃという気持ちの反面、先生に言われてしまった言葉が残り病院へ行きにくいという気持ちもあったと言っていました。

確かに年齢的に考えて、のんびりしている時間はないというのはわかるけれど、なかなか妊娠出来ないという焦りと、
不妊治療をするという精神的不安でいっぱいいっぱいになってしまったそうです。

産婦人科って、幸せな妊婦さんばかりが通うところではなく、妊娠するために通っている人もいれば、初期妊娠の不安な気持ちをもって通っている人もいます。

なるべくなら、病院へ通わずに妊娠したいというのが本音だと思います。

私は第1子を妊娠した時、初期の段階で流産してしまいました。

実際には着床したけれど、育たなかったという事です。

先生がおっしゃるには、こういった着床したけれど流れてしまったとうケースは珍しくないそうです。

でも妊娠できたのに流れてしまったと、自分をかなり攻めました。

大きなおなかの妊婦さんがたくさんいる待合室で、一人で下を向き涙を必死にこらえたのに涙が止まらなかったことは忘れられません。

だから、妊活中に産婦人科へ行って、幸せそうな妊婦さんたちに囲まれるのが嫌だったのです。

最近は、出産を扱っていない産婦人科や、不妊専門の産婦人科も増えているので、そういったところで排卵をチェックしてもらうのもいいかもしれませんね。

排卵検査薬あてにならないし、大体の排卵日を知れるだけという書き込みも一理あるのですが、私みたいに病院へあまり行きたくない人にはいい方法なんじゃないかなと思います。


関連記事

カテゴリー