妊活から二人目の出産と育児

妊娠しやすい体作り

妊活をし始めたころから妊娠しやすい体を作るために、色々な事に気を遣うようになりました。

妊活を始める時に一番最初にすることって何だと思いますか?おそらく9割近くの方が、最初に基礎体温を計り始めると思います。

私もその一人で、体温で排卵日を特定しようとしました。

何気なく基礎体温を測っていましたが、実際にどんな体温の時が排卵日なんだろう?という感じだったので、結局無駄になってしまいました。

なかなか正確な基礎体温を計るのも難しかったです。

基礎体温についての話はまた今度にするとして、その時の私の平熱は35度8分くらいでした。

一般的に冷え性の女性だと普通くらいの平熱かと思いますが、妊活をする女性にとってはとっても低いんです。

基礎体温が低いと、妊娠しにくいと聞いたことがありました。血流が悪くなったり、妊娠維持にも悪影響があるそうです。

基礎体温測ることは必要だけれど、結局1ヶ月くらい基礎体温を計ったくらいでは、それだけで排卵日を判定することはできませんでした。

じゃぁ、それよりも先に基礎体温を1度あげる努力をしてみようと決めたのです。

基礎体温を1度あげるなんてとっても難しそうに感じますが、方法は意外と簡単なんです。

シャワーだけでなく、体を温めるために毎日入浴するということでした。

私が妊活を始めたころはまだ肌寒い時期だったので、こんな簡単な事で基礎体温が1度あげるのならと、毎日入浴するようになりました。

すぐに効果が出たわけではないのですが、1ヵ月を過ぎたころには徐々に上がり始めていました。

嘘だぁと疑いたくなるくらい、簡単な方法ですが本当に簡単に基礎体温があがります。

それと同時に、体を冷やすと言われているコーヒーを飲むことを止めたり、足を冷やさないように厚手の靴下を履いて寝るようにもしました。

2ヶ月を過ぎたころには、平熱が1度上がっていました。大成功です!暑くなってきたなぁと思う頃にも、靴下を履いて寝ていました。

このころは、妊娠できるなら何でもしようと思っていたので、暑くても靴下は履き続けました(笑)

「どうして夏なのに、靴下履いてるの?暑苦しいんだけど(笑)」と主人に言われて、ブチ切れたこともあります。

こっちは必死で妊娠に向けて頑張っていたのに、笑われた挙句、全然努力してなさそうな主人に腹がっ立ったのです。

基礎体温をあげることが、妊娠しやすい体を作る第1歩だと思っています。

浴槽に毎日つかる、体を冷やす食べ物を控える、コーヒーも控える、しょうがなどの身体を温めるものを食べる、飲み物は極力ぬるいものか温かいものにする、
足を冷やさないように靴下を履いて寝る。これらの事は当たり前のように、こなしていきました。

私が妊娠しやすい体を作るためにしてきたことは、このくらいだと思います。

これらを実践していたおかげで、平熱は1度あがり妊娠することができたのだと思っています。

何事も実践するのみ!しかも、無理のないことだらけなのでこれを知ったその時から実践できます。ぜひお試しください。


関連記事

カテゴリー