妊活から二人目の出産と育児

高齢出産の不安を解消する妊活中の身体のケア

妊活をスタートさせた頃は、すぐに妊娠するだろうと思っていたので身体のケアの意識はしたことはありませんでした。

3ヶ月目に入ったころに、もしかして今月も妊娠しないかも?不妊治療が必要なのかな?という不安を持つようになりました。

高齢出産だし、子供の世話もあるので寝不足が続いたりなどもあり、体調管理がしっかり出来ていないと妊娠するのは無理だなと思いまいした。

そこで、自分自身の身体のケアをしていこうと決めました。

妊活に必要なのは、十分な葉酸を摂取する事、適度な有酸素運動をする事、食事に気を付ける事、基礎体温をあげる事、ストレスをためない事、だと知りました。

葉酸サプリメントを飲んだり、葉酸が多く含まれる野菜を積極的に摂るようにしています。

適度な運動をするために、無理なく散歩をしたり、子供と一緒に体を動かしたり、簡単なストレッチをするようにしています。

旬の野菜を使う事を意識したり、極力が外食はさけ、化学調味料は使わないように心がけています。シャワーで済ませることなく、お風呂に毎日つかるようにしたり、冷たい飲み物は控えるよにしたり、靴下をはくようにしたりしています。

ストレスは・・・そこまでたまるという事はないのですが、友達と話したり、服を買ったり、美味しものを食べて発散しています。

気をつけることがたくさんあるのですが、そこまで大変という事はなく、無理なく実践できますね。ダイエットをするよりも簡単なので、今のところ続けてられています。

身体のケアは妊活が目的で始めたことなのですが、続けることによってたくさんの病気を予防できるのかもと思えます。

日本は医療体勢がしっかりしているので、予防をするという気持ちが少し薄いなと感じていました。外食する事も多いし、身体に悪そうな化学調味料を使う事が当たり前です。

私の住んでいる場所は車社会なので、運動不足の人も多いです。そのせいで、近年ではガンを発症したり、脳梗塞の患者さんが多いと言われているんです。

私の父もそうですが、近所でも脳梗塞の患者さんがたくさんいるし、病院へ行くと軽度から重度の患者さんがたくさんいます。

身体のケアを心がけることによって、糖尿病予防にもなるだろうなと思いました。

糖尿病の患者さんも増えているのですが、原因は暴飲暴食、運動不足、ストレスなどが挙げられています。やはり妊活に必要な身体のケアとほぼ同じです。

糖尿病から脳梗塞というパターンもあるそうなので、本当に自分の身体は自分で守らなくてはいけないですね。

妊活で始めた身体のケアは、妊活が終わって子育てが終わっても続けていく必要がありますね。

私だけではなく、主人にも子供にも自分の身体のケアを心がけてもらいたいなと思っています。


関連記事

人気の投稿とページ

カテゴリー