妊活から二人目の出産と育児

手作りジンジャーシロップ 妊活中の女性や妊娠中の女性には冷えは大敵

妊活中の女性や妊娠中の女性には冷えは大敵です。

 

暑い夏がやってきましたが、暑いからといってエアコンで冷えた部屋にずっといたり、冷たい飲み物を飲み続けるわけにもいきません。

 

かといって、暖かい飲み物だけを飲むのも辛いものです。

 

私も妊活中ですが、頑張って暖かいものや常温の飲み物を飲んでいたけれど、もう限界だなぁと思っていました。

 

 

先日テレビを観ていたら、妊娠4ヶ月の女性が「ジンジャーシロップ」を手作りして、

炭酸水で割ったり、お湯や水で割ったり、ミルクで割ったりして飲んでいました。

 

見た目も美味しそうだったし、ピリッとした感じがさっぱりして美味しいと言っていました。

 

また、そのさっぱり感がつわりを和ませてくれているそうです。

 

私はジンジャーエールが大好きなので、私もジンジャーシロップを手作りしたいと思いました。

 

 

ジンジャーシロップの作り方を調べてみたら、今流行っているみたいでたくさん情報がありました。

 

 

市販のジンジャーシロップも売っているそうですが、やっぱり手作りが一番いいですよね。

しょうがの効能は、やっぱり身体を温めてくれるということです。

 

 

身体を温めると、新陳代謝を活発になるのでダイエットの効果もあります。他にも、殺菌作用や食欲増進の効果もあるそうです。

 

しょうがは冬のイメージがありますが、夏バテによる食欲不振の解消にもなりそうなので、夏でも大注目なんでしょうね。

 
最近は、キュウリの漬物に入れたり、ナスのおひたしに入れたり、鶏レバーの甘辛煮を作るときに入れたりしています。

 

 

なるべくしょうがを一緒に食べれるような物を作るようにしています。

 

 

食べるよりも、飲むほうが効果があると聞いたことがあるので、ジンジャーシロップをつくれば毎日飲めるなと思い作ってみました。

 

 

作り方はとっても簡単でした。用意するものは、しょうがと砂糖とレモン汁だけなのが嬉しいです。

 

 

ジンジャーシロップを250CC作るレシピです。

 

しょうが150gを薄くスライスし、流水で洗い流した後30分ほど水にさらしておきます。

 

 

よく水を切り鍋にしょうがと砂糖(私はてんさい糖を使用)を入れてしょうがから水が出るまで1時間ほど置いておきます。

 

そこの水を入れて、中火で20分ほど煮ます。あら熱をとり、温かいうちにレモン汁を加えて完成です。

 

シナモンやクローブを入れると、スパイシーな感じになるそうです。私はシナモンが苦手なので、飲めなそうかな。

 

新しょうがを使って作ると、キレイなピンク色になるそうです。

 

生姜を入れた飲み物なら、しょうがチューブでもいいじゃんと思われがちですが、

チューブにはアミノ酸なども含まれているので、身体に悪いような気がしちゃいますね・・・。

 
手作りレシピがたくさんありますから、ぜひぜひ手作りをおすすめします。

 

 

妊活中の今、冷たい飲み物を飲むと罪悪感でいっぱいになっていましたが、

手作りジンジャーシロップ入りなら、少しは罪悪感なく飲めるかな(笑)

 

 

テレビの観すぎだよと言われることもありますが、

こんな気になる最新情報もゲットできるのでやっぱりテレビは辞められませんね(笑)


関連記事

人気の投稿とページ

カテゴリー