妊活から二人目の出産と育児

妊活の必須事項?できれば結婚前に済ませたいブライダルチェックって何?

ブライダルチェックってご存知ですか?

妊娠する上で何か身体上の問題はないかをチェックする健康診断なのですが、ここ最近になって急激に一般化してきたような気がする言葉です。

晩婚化にともない、妊娠するための体を持っているかどうかを知ることはその後の結婚生活や家族計画を立てるためにも重要なこと。早めに一通りの体質を把握しておくことで、結婚後の妊活で遠回りをせずに済むこともあります。

もちろん、若くても近い将来子供が欲しいと思っているのであれば、特にすぐに子供を作りたいと考えているのであれば、ブライダルチェックはしておくに越したことはないでしょう。

ここでは、ブライダルチェックの内容と重要性、そして、それって絶対に必要なの?という疑問に答えていきたいと思います。

これから結婚の予定がある、子供を作る予定があるという方は、参考にしていただけると幸いです。

 

ブライダルチェックで何が分かる?

ブライダルチェックとは大ざっぱに言えば妊娠できる体かどうかが分かる検査なのですが、イメージとしては不妊検査というよりはやはり健康診断に近いものです。

検査内容はかかるクリニックによって多少の違いはありますが、問診、内診、血液検査、尿検査、超音波検査が基本。

問診では月経について、妊娠・出産・人工中絶経験の有無、持病やアレルギーについてなどの質問に答えることになります。

内診では膣内やおりものの状態を調べ、超音波検査では主に子宮や卵巣に異常や奇形はないか、血液検査で性感染症の有無、尿検査では糖尿病や腎臓病がないかなどが調べられます。

中には子宮頚がんや乳がんの検診をプラスで行ってくれるところもあるようですが、病院によってバラつきがありそうなので、気になる方はお近くの病院で要確認です。

 

結婚前に妊娠できない体を知ってどうするの?

中には、「ブライダルチェックの結果次第では結婚を破棄するってこと?」、「妊娠できないって知ってどうするの?」という考え方をする方もいるようです。

確かに、ブライダルチェックは結婚前にしておきましょう、体に異常が見つかったり、体質的に子供が作れない体であることが分かったりした場合は、パートナーとよく相談しましょうというと、結婚するかどうかを決める最後の分岐点を作っているようにも聞こえます。

結婚して子供が欲しいと強く望んでいる方にとって、パートナーは妊娠がしにくいというのは大きな問題ではあると思いますが、それでも結婚までしようというお二人にとってはそんなことで気持ちが揺らいだりしないと、少し心外な気持ちになるかもしれません。

ブライダルチェックの結果で結婚を破棄するかどうかは別の問題だとは思いますが、しかしそれでも体質により妊娠を視野に入れるのかどうかはよく考えなくてはならないこと、もしくは気持ちの切り替えをするべきところであることは間違いないでしょう。

単純に体に異常があるのであれば早く知れた方が良いですし、治療が必要なものであれば、妊活を控えなければならないこともあるでしょう。結婚前だからこそ冷静に現実を見られるということも絶対にあるはずです。

 

妊活までのロスタイムをなくすブライダルチェック

先にブライダルチェックをしていただきたい理由はまだあります。

結婚後当たり前に夫婦生活を送り、思うように子供ができない、おかしい、何かあるかもしれない、でも今は子作りを第一に考えているワケでもないし…と現実を見ることを避けズルズル時間が経ってしまうと、妊活をする上で大きなロスタイムが生まれる可能性がありますよね。

また、検査自体はそれほど時間がかかるものではありませんが内容は多岐に渡りますので、結果が出るまでに多少の時間がかかります。

それらの点を考えても、結婚前とは言わず子供を作る予定を立てる少し前の段階で検査できることが理想なのです。

 

男性も一緒に受けられるとベスト!

不妊の要因を持つ可能性は男女で半々だと言います。

妊娠をする上で、どちらの体に問題があるかは分かりません。

ブライダルチェックは女性だけのものではなく、男性も同様に受ける価値のある検査なのです。

ところが男性は比較的、妊娠は女性の問題だと考えていることが多いですし、検査を拒否する方も多いと言います。

負担で言えば詳しい内診がある女性の方が大きいはずなのですが、男性の方が腰の重いのが実情のようです。

男性の場合のブライダルチェックは、問診、血液検査、尿検査、精液検査が主。

費用もクリニックにより違いはありますが、女性が30,000円程度はかかることが多いのに比べ、15,000円程度で受けられるので経済的な負担も小さいのです。

男性は女性に比べ、生殖関係の不調を感じにくいです。

月一で血が出たりもしないし、腰やお腹が痛くなったりもしない。おりものの様子が変わるように精液の変化が分かるわけでもありません。

生殖機能に関してもともと持っている不安や苦痛が少なく、「自分に問題はないはずだ」と感じるのはある程度自然なことです。

しかし男性に不妊の原因の40%があるというのは紛れもない事実。

クリニックによってはご夫婦・パートナーが一緒に受けられるブライダルチェックもあるようなので、お近くに都合の良いクリニックがあればチャンス。

ぜひお二人でブライダルチェックを受けてみてください。

 

自宅で簡易検査だけでも良いかなという方へ

ブライダルチェックには興味あるし、できれば行きたいんだけど、仕事で忙しくてなかなか時間が取れないとか、基本的には健康だと思うんだけど性感染症検査だけはしておいた方がいいかなという方は、自宅でできる簡易検査キットを活用してみてはいかがでしょうか。

STDチェッカー
http://www.std-lab.jp/shopping/

クラミジアや淋菌など、感染者の多い性感染症から、梅毒、HIVなど早期の治療が不可欠な性感染症まで自宅で検査することが可能です。

性器や性交時の違和感、または行為自体に少しでも感染の心当たりがあるのであれば、ブライダルチェックは差し置いても検査しておくに越したことはないでしょう。

また、精子の検査だけはしたいけど、やっぱり病院に行くのは億劫だと言うのであれば、精子の様子を検査する簡易キットもありますので利用してみてはいかがでしょうか。

スパムチェック・ファーティリティ
https://bandh-r.org/bandh/7.1/FE-SCFTL

精子の数を検査するだけの簡易キットですが、一応の目安にはなると思います。

ただし、病院に行けば簡易検査キットを利用するよりも安く、運動量や奇形の数なども把握できるのでお得で正確なことは間違いありません。

他にも心配事があれば相談できるということもありますので、やはり思い切ってブライダルチェックを受けにいくことをおすすめします。


関連記事

カテゴリー