妊活から二人目の出産と育児

妊娠糖尿病に注意!妊娠中に甘いものを食べ過ぎる危険を説明します

妊娠中に甘いものを食べ過ぎて、血糖値が上がってしまい、妊娠糖尿病と診断される方が一定数いらっしゃいます。

妊娠中は糖の必要量が増えるので甘いものを食べたくなるものなのですが、実際には必要量よりも食べる量の方が多くなってしまいがち。

妊娠糖尿病と診断されてしまうと厳しい血糖値コントロールが必要になりますし、母体にも胎児にも悪影響が出る確率が高くなります。

ここでは、妊娠糖尿病の話題を含め甘いものを食べ過ぎると具体的にどんな悪影響があるのかを解説していこうと思います。

妊娠糖尿病って?

妊娠糖尿病は、「妊娠中にはじめて発見・発症した糖尿病に至っていない糖代謝異常」と定義されており、一般的に言う糖尿病とは区別されています。

妊娠時の特別な状況において糖の代謝に異常がおきており、高血糖状態が続いて危険という意味で、出産を終えると元通りに戻ることが多いです。

妊娠中は赤ちゃんに送るための糖分が必要になります。

そのため、母体内では血糖値を下げるホルモンであるインスリンを壊す酵素や、インスリンに対抗するホルモンの量が増え、高血糖状態が維持されやすくなる傾向にあります。

特に妊娠後期ではこの傾向が強まり、糖は必要なものの血糖値は下がりにくく、つまり体にとってはあまり良くない状態が続きやすくなる。

この高血糖に見合ったインスリンが必要ですが、それがうまくできないと判断されると妊娠糖尿病と診断されます。

このような体の変化がありますから、一概に「糖の摂りすぎが原因で」とは決めつけられない部分もあるのですが、治療と言えばやはり食事療法が基本になりますので、糖の摂取には気を付けた方が良いと考えておくと良いと思います。

ではこの妊娠糖尿病はどれほど怖い病気なのでしょうか。

妊娠の継続や出産に影響の出る妊娠糖尿病

そもそも糖尿病は怖い病気だという認識はあると思いますが、妊娠糖尿病は妊娠の継続や出産に直接関わる怖さがあります。

早産の確率が上がり、羊水過多症になり、妊娠高血圧症候群にもなりやすくなります。

また普通の糖尿病と同じように網膜症や腎症、低血糖などの症状が出ることも考えられるでしょう。

母体のみならず、過剰な糖分は胎児にも影響します。

血糖値を下げるインスリンは胎児からも出ますが、インスリンは成長因子となるホルモンなので、糖の摂りすぎによって巨大児となることがあります。巨大児の場合には出産が困難なものになります。

また出産後、妊娠糖尿病の影響で胎児にも低血糖などが起こることがあり、予後の観察が必要です。

まだ妊娠糖尿病じゃなくても過剰な糖に害はある

妊娠糖尿病という病名がついていなくても、糖分の摂りすぎと、妊娠中の運動量の低下で期待以上に体重が増えてしまえば胎児にとって危険が生じることがあります。

お腹周りや背中に脂肪がつくように、産道にも脂肪はつきます。

赤ちゃんにとっての通り道が狭くなってしまえば、当然分娩はリスクが上昇するでしょう。

胎児の成長に合わせて母体の体重も増えるのは良いことですが、肥満とはならないように気を付けましょう。

糖分は一番の肥満の原因になりますから、ほどほどに、が大切です。

カンジタに罹りやすくなる

カンジタ膣炎は多くの女性を悩ませる感染症の一つです。

常在菌の異常繁殖による炎症ですから、ささいなきっかけで抵抗力が落ち発症するポピュラーなもの。

妊娠中は特にかかりやすい感染症ですから、注意が必要です。

カンジタ膣炎を起こすカンジタ菌は、糖を餌にして増殖する菌の一つですから、カンジタにかかりやすいという方は特に糖分の摂りすぎにならないよう気を付けなくてはなりません。

虫歯になりやすくなる

妊娠中の、特に後期では甘いものが無性に食べたくなって、常に何かを食べているという方も多いようです。

カロリーや摂取する糖分の量を気にして、飴を食べてごまかしているという方もいると思いますが、口の中にずっと飴が入っているというのは虫歯菌にとっては好都合です。

妊娠中虫歯になると治療が困難になることもありますし、つい後回しにしてしまうこともあるでしょう。

妊娠中は歯の管理も重要なポイントの一つになりますから、甘いものを食べるにしてもメリハリをつけて、口の中が清潔な状態が少しでも続くようにするのが望ましいです。

マタニティーブルーが激しくなる

お腹が空いたりするとイライラすることは経験的にご存じだと思います。

血糖値が下がった状態になると血糖値を上げようとするアドレナリンなどのホルモンが分泌されるのですが、これは攻撃的なホルモンなので、どうしても気持ちがささくれ立ってしまう。

糖分が私たちに及ぼす影響は精神的な部分にまで及んでいるということです。

妊娠糖尿病の症状の一つに低血糖症というものがありますが、血糖値が下がりすぎると気分は塞いでしまうものです。

ただでさえストレスが多く、不安なことが多い妊娠期、糖分の摂り過ぎて血糖値が乱上下することで気分の浮き沈みも激しくなり、マタニティーブルーが増長されてしまうことがあります。

甘いものが食べたくてイライラする、というようなときは既に中毒的な糖分に精神が支配されはじめています。

糖分の量を意識して身も心も健康なマタニティライフを

妊娠糖尿病になるにしろならないにしろ、糖分の摂りすぎは体によくありません。

エネルギーは確かに必要ですが、精製された真っ白な砂糖は血糖値を上げやすく、体に負担をかけやすいものです。

できれば糖分は果物や穀類からゆっくりと取るのが望ましく、お菓子は食べたくなるけれど、なくても構わないんだということをしっかり意識しておくと良いでしょう。

ついつい、欲求を赤ちゃんからの要求と言い換えて、自分の食べたいものを食べてしまうこともあると思います。

しかし、妊娠中は特に糖の代謝機能に変化があり、ときにはその変化に追い付けないこともあるので、糖分の摂りすぎには気を付けなくてはなりません。

妊娠が原因で味覚が変わり、甘いものが無性に欲しくなったのだとしたら、こんなに甘いものが欲しいのはいまだけと思うかもしれません。

しかし同様に、赤ちゃんがお母さんの体の中で成長するのも今だけの特別な時間です。

お母さんだけでなくお腹の赤ちゃんにも悪影響が生じる可能性のある妊娠糖尿病にならないためにも、また糖が原因で起こる不都合を回避するためにも、糖分の摂り方にはくれぐれも注意して、身も心も健康なマタニティライフを過ごしてくださいね。

関連記事→妊娠中甘いものが食べたくなって仕方ない!甘いものへの欲求を上手に抑える方法。


関連記事

カテゴリー