妊活から二人目の出産と育児

性格タイプ別の妊活法を考えて、最低限の、負担の軽い妊活をしませんか?

妊活と一口に言っても、やるべきことやできることのバリエーションは多岐に渡ります。

例えばざっと挙げるだけでも、体を冷やさないようにする、栄養に気を付ける、生活習慣を改善する、サプリメントを摂取する、骨盤を矯正する、ストレスをためないようにするなどなど。

妊活に適したことならば全てやろうと意気込むと、目もくらむほどのメニューをこなさなければならないでしょう。

妊活中であれば全てに興味があるかもしれませんが、誰もが全てを完璧にこなす必要はなく、自分にとって必要だと思われるもの、自分が難なく続けられることを日々の生活に取り入れれば良いのです。

性格によってどんな妊活をするのかを決める

巷で言われる「妊活」を全てこなそうと思えば、体がいくらあっても足りません。

そこで、こなすべきメニューは最小限に抑え、あなたの性格にあった、負担の少ないというポイントで、妊活メニューを考えてみました。加えて、こんな性格の人はこういうところが苦手という意識すべきポイントも添えました。

体質に合わせて必要なメニューを考えることも大事ですが、妊活は長丁場になることもよくあります。

性格に合わせるのも一つの手だと思うので、是非参考にしてみてください。

研究家タイプ

体を温めるためにしょうがを食べるとか、サプリメントを使うというあまり実感の得られないものに対してあまり関心がなく、データを見て体の様子を探るのが性に合ってるタイプの方です。

基礎体温計、排卵検査薬を使うことが苦ではなく、淡々と日々のデータをとることができます。

妊活は論理的かつ計画的に行い、先々まで想定して考えるので、調べものは進むし知識は豊富ですが、予定が崩れてしまうことにイライラしてしまうことも多いところが弱点と言えるでしょう。

研究家タイプにおすすめの妊活メニュー

排卵検査薬での計算を一番に
基礎体温計よりも、排卵検査薬を積極的に利用して、排卵日を確実に把握しましょう。

注意するポイントとしては、排卵日に合わせて子作りしなければならないと考え、排卵日の特定に力を注ぐのは無意味だということ。最も妊娠しやすいと言われているのは排卵日の2日前です。

多くの排卵検査薬が排卵日の24時間から36時間前に陽性の反応を示しますから、くっきりと陽性反応が出るタイミングを待つのでは遅く、むしろうっすらと陽性反応が出るタイミングから子作りを始めるのがベストということを覚えておくと良いと思います。

本来、体質や排卵検査薬の精度によって反応は違いますからどのタイミングがベストとは一概には言えませんが、遅いよりは早い方が良いということは間違いありません。

ぜひ、ご自分の排卵がどのように始まるのかをよく観察して、排卵日の二日前を狙えるようにしておきましょう。

ご主人の精力コントロール

排卵期が特定できたら、研究家らしいあなたの性格を活かしご主人の体のコントロールに力を注いでみてはいかがでしょうか。

早めにタイミングを取るメリットは、妊娠の確率を上げることもそうですが、翌日やその翌日にもまだチャンスがあるというところです。

排卵日当日にタイミングを取ったのでは、その翌日、翌々日に妊娠する可能性は著しく低くなります。

チャンスのときに続けて子作りを行える体力と精力をご主人につけてもらうために、精力の付く食事を考えるとか、運動メニューを考えるといったトレーナー的な役割で妊活に励むと、あなたにとっては面白いかもしれません。

アスリートタイプの特徴

あまり検査とか調べものは好きではないし後回しにしてしまうけれど、自分の体を妊娠に適した状態へと作っていくことが楽しくなるタイプ。

妊娠に適した体=女性らしい体作りと心得て、締めるところは締める、ゆるめるところはゆるめるというメリハリの利いた生活スタイルが送れる。

ストイックなまでに睡眠時間や食事で摂る栄養には気を配るけれど、そんな生活を送るためにもリラックスし、しっかり休むこともできる、自己管理能力に優れた人です。

しかし、ストイックなあまり自分に課したルールが多くなり過ぎてかえって自分を圧迫してしまうこともあります。

また、なまじ健康に自信があるがゆえに、医療機関に頼るという発想が遅くなりがちです。

男女共に不妊の原因となる確率はほぼ同じと言われていますから、体には気を遣ってるのに思うように妊娠しないというときは、お二人で不妊検査を受ける決断が必要かもしれません。

アスリートタイプにおすすめの妊活

妊娠や出産、そして子育ては体力がなければいけません。

もしかしたら少し先の話しになるかもしれませんが、妊娠してからの生活を支えるための体力作りを積極的に行ってはいかがでしょうか。

とは言っても激しいトレーニングをする必要はなく、散歩をする習慣をつけるとか、ヨガやストレッチと言ったリラックスとデトックスを兼ねてできることもおすすめです。

また、スタイルを維持しセックスを充実させる骨盤トレーニングを行うこともあなたには大きな意味を感じられるでしょう。

栄養摂取に気を取られるのであれば、サプリメントを積極的に使用し、負担を軽くすることが大事です。自分の体に足りないものは何か、よく考えてサプリメントを選ぶことで、あなたの体作りはより効果的に成就するでしょう。

仮に子供ができなくても

アスリートタイプの長所は、仮に子供ができなくても、充実した生活を送り続けることができることです。

妊娠に適した体作りはそのまま健康な体を作ることと言っても差し支えないですし、健康な体を作ることというのは、魅力的な体を作ることと同じと言っても良いでしょう。

もちろんその先には妊娠という結果があることは期待できますが、万が一そのような結果にならなかったとしても、美しく健康なあなたは自分が思ってもいなかった人生にすらトライする土台が整っている。

目的はあくまで妊活かもしれませんが、なかなか思い通りにいくとは限らず、必ずしも努力が報われるという訳ではないのが妊活の難しさで、神秘的なところです。

しかし健康で美しいあなたは、妊活も、その他の生活すらも、果敢に挑戦できるのです。どう転んでも充実した生活を送れることを忘れないでください。

スピリチュアルタイプ

科学的な根拠も大切だけど、それよりも自分の体や心が感じるものを大切にするタイプ。

極端な話、子供は授かるときには授かるし、そうならなかったとしても縁がなかったのだと割り切れる。

スピリチュアルと言えば語弊があるかもしれないけれど、論理や身体機能よりも精神をもっとも大切にし、精神の安定を第一に考える。

思い通りにならないことが多く、不安に押しつぶされそうになる妊活をする上で、容易にイラつかず、ふさぎ込まず、ストレスを溜めない精神力を持つことは一番大事だったりします。

ストレスが体に与える影響、妊活においては障害になることを知っているからこそ、精神の安定を図る作業を最も大切にします。

ただし、悠長に構えすぎる欠点があるかもしれません。

スピリチュアルタイプにおすすめの妊活

リラックスしている自分を見つめ、自分の精神を見つめる習慣を大切にするのが一番あなたに合っている妊活法なのではないでしょうか。

タンポポティーやルイボスティーを使ってリラックス効果+妊活に適した栄養を摂ることもおすすめですし、ヨガや瞑想の時間に心と体を整えることもあなたには気持ち良い時間となるでしょう。

また、旦那様と旅行に出かけるのも良い刺激になるはずです。

外界の刺激を受けやすいという自覚があるのなら、食事や生活習慣もあまり情報に流されず、ご自分の精神に従って選ぶのが良いと思います。

しかし妊活においては単純な生殖能力の問題を潜んでいることもありますから、早めにブライダルチェックを受けるなどして、不安要素を解消しておくことをおすすめします。

妊活でもっとも難しいのは心の管理

妊活と言えば体の問題だと思われがちですが、実は心の問題が大きな障害となっていることもままあります。

具体的にはパートナーとのコミュニケーションがうまくいかないとか、子供が出来なかったらどうしよう…と考えて不安になってしまったり、子育てをしている友達を見て嫉妬してしまったり、親の期待がプレッシャーになったり。

そういうことが折り重なってストレスとなり、人間関係が悪化したり体調を崩したりすることがあるのです。

心の問題と言えば眉唾に感じる方もいるかもしれませんが、ストレスによる活性酸素の影響は卵子の老化を招くと言われますし、自律神経が乱れてホルモンバランスが乱れると生殖能力の低下に繋がることもよく知られるところです。

心の調子を優先に整えるというのは一見非科学的なようですが、実のところ最も大事な基本の妊活なのかもしれません。

最後に

自分の性格にあった方法で妊活を行うということは、心の負担を軽くし、自然な生活を送ることに役立ちます。

妊活と言えば先の見えない挑戦と挫折の繰り返しのように言われることもありますし、実際に長い期間の妊活に苦しむ方もいることでしょう。

だからこそ、自分にあった最も自然なやり方で、日々の生活に負担をかけず、楽しく妊活をしようという意識を持つことが大事なのです。


関連記事

カテゴリー