妊活から二人目の出産と育児

妊娠中の糖の摂りすぎは危険!妊娠糖尿病の怖さ。

妊娠中は糖の必要量が増えます。

ついつい甘いものが欲しくなり、食べ過ぎてしまいがちです。

その結果、妊娠糖尿病と診断されてしまうことがあります。

妊娠糖尿病と診断されれば、母体にもお腹の赤ちゃんにも影響が出てくるかもしれません。

治療には厳しい血糖値の管理が必要です。

とはいえ、どんな影響があるのでしょうか?

是非、身近に感じていただき、普段の習慣を見直すきっかけにしてください。

妊活中や妊娠したばかりの人へ、当然知っておくべきことをお伝えします。

妊娠糖尿病って?

妊娠糖尿病といっても一般的に思われている糖尿病とは違います。

妊娠という体が特別な状況のときに起こる糖の代謝異常です。

「高血糖状態が続くと危ないので改善の必要があります。」という警告と思ってください。

これは出産が終われば元に戻ることが多いです。

妊娠中は血糖値を下げるインスリンを壊す酵素や、インスリンに対抗するホルモンの量が増えます。

そのため、高血糖の状態になりやすいです。

妊娠後期になると特にこの傾向が強まります。

体に糖は必要なのですが、血糖値は下がりにくいという矛盾が生じるんです。

高血糖に合わせてインスリンが必要ですが、うまく調整できないとき妊娠糖尿病と診断されます。

糖の取りすぎがすべての原因ではないにしても、妊娠中の治療は基本的に食事療法。

だからこそ、自分でコントロールして糖の摂取を気をつけるのが賢明です。

どんな影響があるのか?

妊娠糖尿病といっても出産後は元に戻ることが多く、あまり怖がる必要もなさそうです。

とはいえ、妊娠中になる病気だからこそ気をつけなくてはいけません。

どんな影響があるのか、具体的にお伝えしましょう。

・早産の確率があがります。
・羊水過多症のおそれ。
・妊娠高血圧症候群にもなりやすくなります。
・普通の糖尿病に出るような網膜症、腎症、低血糖などの症状も出るかもしれません。
・母体だけでなく、糖分の摂りすぎは赤ちゃんにも影響します。

母体だけでなく赤ちゃんに影響があるのは親として苦しいですよね。

ちなみに、血糖値を下げるためのインスリンは成長因子でもあるため、赤ちゃんからも出ます。

それゆえ、巨大児になることがあり、難しい出産になりがちです。

そして、妊娠糖尿病が影響し、赤ちゃんにも低血糖が起こることもあります。

糖の摂りすぎで危険な出産

妊娠糖尿病と診断されていないからと、安心はできません。

多くの人は妊娠中、運動する機会が減ります。

さらに糖分の摂りすぎでは体重が増えるのも仕方がありません。

とはいえ、体重が増えるということは脂肪も増えると考えられます。

出産に太り過ぎは禁物です。

脂肪で産道が狭くなる危険があります。

産道は赤ちゃんが通る道ですから、くれぐれも糖分の摂りすぎ、肥満には注意しましょう。

カンジタに罹りやすくなる

多くの女性を悩ませる感染症にカンジタ膣炎があります。

抵抗力が落ちたときに些細なことで発症する炎症です。

原因となるカンジタ菌は糖を餌にして増殖をします。

予防はまず糖分を抑えることが大切です。

虫歯にもなりやすい

妊娠中は常に何かを食べている人も多くいます。

甘いものは妊娠後期に無性に食べたくなる傾向が強いです。

飴で糖の欲求を満たそうと一日中なめている人もいるかもしれません。

実はその習慣が虫歯には好都合です。

妊娠中は治療も難しく、歯の管理が重要になってきます。

妊娠中に限らずですが、甘いものはほどほどに、口の中は清潔にしましょう。

いわゆるマタニティブルー

糖分は精神的なところにまで影響します。

妊娠糖尿病の症状の一つに低血糖をあげました。

お腹がすいてイライラしたことはありませんか?

血糖値が下がるとアドレナリンなどが分泌されます。

これは血糖値を上げるためです。

ところが、アドレナリンなどのホルモンは攻撃的でもあります。

ただでさえ妊娠中はストレスに敏感で、不安を感じることも多いでしょう。

さらに糖分の摂りすぎが原因で血糖値が安定しなくなったとしたら?

ホルモンが作用し情緒不安定になってしまうのも無理はありません。

マタニティーブルーを助長してしまうんです。

甘いものが欲しくてイライラすることはありますか?

もしかすると既に精神的に依存しているかもしれません。

早めに生活習慣の改善をしましょう。

マタニティライフを楽しむために

どんな状況であれ、糖分の摂りすぎは良くないでしょう。

市販の白い砂糖は血糖値を上げ、体に負担をかけます。

果物や穀類からゆっくりと体に染み込ませるのが理想的です。

確かにお菓子は食べたくなります。

とはいえ、体にとって必要ではありません。

お腹に赤ちゃんがいると、なんでも赤ちゃんのリクエストと思いがちです。

実は自分が、というより中毒症状で欲しがっているだけかもしれません。

妊娠中は体の変化が目に見えてあるときです。

特に糖の代謝機能の変化は大きく、糖分の摂取には注意をしましょう。

この時期に糖分の摂りすぎが原因で、様々な影響があることはお伝えしたとおりです。

自分だけではなく、赤ちゃんにも及ぶ可能性があり、また精神的にも不安定になるかもしれません。

精神的に不安定にもなれば、パートナーとの関係もギクシャクすることもあるでしょう。

これではせっかくの妊娠もただただ苦しいだけですよね?

健康でいるためにも、糖分の摂りすぎには注意してくださいね。


関連記事