妊活から二人目の出産と育児

妊活に使えると早期妊娠検査薬と基礎体温計のメリット

妊娠と基礎体温計

特に今妊活中という訳ではなくとも、将来的に赤ちゃんを望んでいる女性にとって、自分の身体について把握し、コントロールしていくことはとても大切なことです。

そんな風に女性が自身の身体をコントロールしていく上で、使える便利アイテムとして有名なものに、基礎体温計の存在があります。

基礎体温計は毎日コツコツ体温を計測し続けていくことで、自身の身体のバイオリズムを掴めるようになるものです。

時に婦人病の貴重な診断材料にもなる一方、日々計測し続けなければならないという面倒な特徴を抱えています。

妊娠を考える上で基礎体温計は絶対的に必要なものなのか?と言われれば、決してそうではありません。

あって困るものではありませんが、なくてはならないというものでもありません。

性格による向き不向きで、基礎体温計を使い続けることができない!と感じる方もきっと存在することでしょう。

このサイトではそんな基礎体温計や、基礎体温計にも関係する早期妊娠検査薬について、詳しくご紹介していきたいと思います。

 

 

基礎体温計と早期妊娠検査薬のフライング検査

 

女性の身体は排卵日前に一度ぐっと体温が下がり、そこから約2週間の高温期を迎えます。

この間の女性の身体は、言わば赤ちゃんを育てるためのベットを用意しているような状態に入るのです。

 

 

そして、そのベットが使われない=着床しなかったと判断されると、用意してあったベッドを片付けるための月経を迎えることになります。

 

基礎体温計は、こうした女性ならではの身体のリズムを掴む上で、大変役立てられるアイテムになります。

その理由は、日々基礎体温を把握していけば、毎月の排卵期や月経期を予測出来るようになるからです。

特に妊活中であるという方ならば、排卵期を把握することは非常に重要なポイントとなるでしょう。

 

 

一方、フライング検査とは早期妊娠検査薬を使うことで、本来であれば妊娠しているかどうか分からないと言われる段階において、妊娠を予知するための検査手段です。

 

このように、基礎体温計と早期妊娠検査薬の役割は全く異なるものです。

 

 

ですが、無関係のものでも決してありません。

 

基礎体温計で自分のバイオリズムの把握が出来ていれば、早期妊娠検査薬を利用したフライング検査の結果もより信頼できるものになり、その分妊娠の予知も高確率なものにできます。

 

 

つまり基礎体温計は、フライング検査にも役立てられるアイテムになるのです。

 

 

 

無理に基礎体温計に頼る必要はない

基礎体温計を使用している方の中には、重要なこととは分かっていても、毎日継続して体温を測り続けることがなかなかできないといった方もいることでしょう。

そうした方については、無理に基礎体温計に頼る必要はないような気もします。

 

 

前述しました通り、基礎体温計は妊活になくてはならないものという訳ではありません。

 

基礎体温計で体温を計ること自体が大きな負担になってしまっているようなら、いっそ基礎体温を記録する習慣など辞めてしまった方がいいケースだってあるでしょう。

 

最近はスマホなどで活用できる生理日予測アプリなども存在しますし、これらを活用していて今まで問題なんて起きたことがなかった!というような安定周期の方であれば、基礎体温計に頼る必要はないのかもしれません。

 

 

ただ、月経周期が安定しないなど、身体のリズムを崩しやすい自覚がある方については、基礎体温計を活用した方がタイミングを把握する上で安心できる面があるのは紛れも無い事実です。

 

個人によって生活スタイルや考え方は異なるものですので、自分の性格なども考慮した上で、基礎体温計を使うべきか否か判断してみては如何でしょうか。

 

 

 

早期妊娠検査薬を購入するには

 

基礎体温計を使っている方もそうでない方も、妊娠を望む以上は妊娠を少しでも早く予知できたら…と思うものではないでしょうか。

そんな方にこそ知って頂きたいのが、早期妊娠検査薬を使ったフライング検査です。

 

 

フライング検査は聞いたことがあるけど、早期妊娠検査薬って高いし…といった印象を持っている方も少なくはないでしょう。

確かに、国内で入手できる早期妊娠検査薬は、1本あたり500円や600円程度と決して安いと言える価格帯ではありません。

 

 

ですが現在ネット通販で購入できる海外の早期妊娠検査薬であれば、例えばワンステップ妊娠検査薬で50本セットが5,800円=1本あたり116円で購入出来てしまいます。

 

また、国内では薬事法の改正が実施されたことで、早期妊娠検査薬の購入も少々面倒なものになっていますので、ネット通販の方が利便性が高いというメリットもあります。

 

価格も高く入手も面倒となると、基礎体温計などを使ってより正確なタイミングを図った上での検査が必要になるところですが、手頃かつ手軽に買えるネット通販の検査薬であれば、たとえ基礎体温計を使っていなくとも、自分の予測に賭けた思い切ったフライング検査を実行することができます。

 

 

超初期妊娠症状に注目

 

時に、つわりや味の好みの変化といった妊娠症状以前に、超初期妊娠症状が身体に現れる方が存在します。

 

代表的な症状は眠さ、熱っぽさ、だるさなど、基本的には妊娠症状同様のものです。

 

 

他にも唾液の量が増える、胃がムカついて食事の好みが変わる、着床出血が起こりおりものに多少の血液が混ざる…といった症状が現れることがあります。

 

 

つまり、たとえ基礎体温計がなくとも、超妊娠初期の状態にある自身の身体の変化に気付くことができれば、誰しもが事前に妊娠の可能性を感じとることができる…という理屈になります。

 

もちろん、症状の出具合には個人差があるでしょうし、その変化があまりに僅かなもので、何も感じられないという方も存在するでしょう。

 

 

ただ少なくとも、何かおかしいな?と感じ取れたその時に、早期妊娠検査薬の用意があれば、あなたの妊娠の可能性をいち早く確信に変えることもできるだろうと思います。

 

検査薬も100%の確率を明示できる訳ではありませんが、高精度に出来ていることには違いありませんので、その信用性は大変に高いものになるはずです。

 

 

例えばワンステップ妊娠検査薬であれば、生理予定日前後で90%以上の正確な検査を実現できます。

 

生理予定日4日前からの検査が可能ですので、どのタイミングで検査するかによっても%が変化しますが、どの結果もそれ相応に確かな信用性をもつことができるでしょう。

 

 

 

排卵検査薬の利用

 

基礎体温を測ったことがない、極端に遅れることはないけれど生理予定日は曖昧…といった方であれば、排卵検査薬の使用もお勧めできます。

 

妊娠はやみくもにセックスをしていても、案外実現は難しいものです。

 

本当に妊娠を望むのであれば、セックスもタイミングを考える必要が出てきます。

排卵検査薬はその名の通り排卵期の予測に役立つアイテムです。

 

 

排卵検査薬を使えば、妊娠の確率を上げられるセックスのタイミングを把握できるようになります。

排卵の機会、つまり着床や妊娠の機会は基本として月に1度しか訪れません。

 

 

このタイミングに合わせて精子が都合よく出会わなければ、受精卵ができることもなく、新たな生命の誕生も逃してしまうのです。

それだけ赤ちゃんができるということは、本当に奇跡的なことなのです。

 

 

ワンステップと呼ばれる検査薬には、早期妊娠検査薬の他に排卵検査薬もあり、こちらも大変リーズナブルな価格で販売されています。

あなたの考え方次第ですが、必要性を感じられるのであれば、早期妊娠検査薬を購入するついでに、排卵検査薬の購入も視野に入れてみては如何でしょうか。

 

 

また個人によっては、早期妊娠検査薬よりも排卵検査薬を先に購入し使用する方がメリットが大きいケースもあるかと思います。

 

 

因みに、排卵検査薬も基礎体温計があることで、よりその効率性を上げることができます。

いずれにしてみても、どのアイテムも使うか使わないかはあなた次第です。

絶対的に使わなければならないアイテムなどありませんので、あなたにとって必要なものだけを必要な分だけチョイスしてみて下さい。


関連記事