妊活から二人目の出産と育児

クリアブルー排卵検査器ってなんかすごく良いみたい。でも高すぎ!どんな人に向いているの?

>>クリアブルー排卵検査器の最新の価格

クリアブルー排卵検査器は悩みを解決してくれる

パートナーとのタイミングが合わずチャンスを逃しがち

1日でも早く妊娠をして妊活を終了したい

産み分けに強い興味を持っているので正確な排卵日を知りたい

このような方はクリアブルー排卵検査器を有効に使うことができるでしょう。

なぜなら、クリアブルー排卵検査器は排卵日の5日前がわかる、正確さは99%以上の排卵検査器だからです。

デジタル機器が苦手の方でも大丈夫、タッチパネル式で操作も簡単、デジタル表示で検査結果をはっきり知ることができます。

排卵日の5日前が正確に分かるクリアブルー排卵検査器が、あなたの悩みを解決してくれるかもしれませんね。

このような悩みを持つ方には、クリアブルー排卵検査器は購入を考える価値のある排卵検査器です。

クリアブルー排卵検査器は高い

クリアブルー排卵検査器は一般的な排卵検査薬と比べると高すぎるかもしれません。

クリアブルー排卵検査器は本体価格だけで、5万円弱、本体と30本のテストスティックセットは6万円弱。

>>クリアブルー排卵検査器の最新の価格はこちら

一般的な排卵検査薬なら50本でも5000円くらいですし、デジタル式との組み合わせでも2万円しない。
>>排卵検査薬の最新価格こちらを確認ください。
このように、一般的な排卵検査薬とクリアブルー排卵検査器を比較すると、クリアブルー排卵検査器は高いと思ってしまう方がいるかもしれません。

しかし、クリアブルー排卵検査器を購入するかどうかは、どのように有効に使えるかが重要です。

排卵日の5日前がわかることをどのように有効活用できるかが、クリアブルー排卵検査器の購入の決め手となるでしょう。

そして、悩みがある方ほど、有効に使えるかもしれませんし、悩みがない方は、悩む前に妊活を終了できるかもしれません。

クリアブルー排卵検査器どんな人に向いているの

クリアブルー排卵検査器は、現在、自宅で使える排卵検査のアイテムの中では一番正確なものです。

だから、妊娠を望む全ての方におすすめでできるのですが、それは購入価格を無視した場合の話。

クリアブルーは本体価格が5万円近くしますから、誰にでもおすすめとはなかなか言えません。

例えば、

パートナーとのタイミングが合わずチャンスを逃しがちで悩んでいる

何らかの理由があり、1日でも早く妊娠をして妊活を終了したい

産み分けをしたいので正確な排卵日を知りたい

正確な排卵日を知るために病院へ通うのが大変

パートナーが激務、生理周期の不安定

いろいろな商品を検討しているが迷っている

このような悩みを持っている方であれば、クリアブルー排卵検査器を有効に使うことができます。

なぜなら、妊娠の確率はベストなタイミングでもかなり、難しいからです。

 

妊娠の確率とメカニズム

1回のタイミングで妊娠する可能性は、健康な状態で20~25%の確率と言われています。

そして、妊娠する可能性がある時期に複数回タイミングをとることで、妊娠の確率をあげることができます。

妊娠しやすい時期は排卵日5日前から排卵日までで、ベストなタイミングは排卵日2日前。

これは、卵子と精子の生存可能な時間の違いによるものです。

卵子の寿命は短く、排卵されてから16時間~24時間。

そして、受精可能な時間は約12時間です。

また、卵子は排卵の6時間後から老化していきます。

一方、精子が女性の体内で生存できるのは約5日間(120時間)程度。

そして、射精後84時間をすぎると精子は受精能力を失います。

また、精子は、射精から5~6時間で受精機能を獲得し、そこから48時間経過すると徐々に老化します。

つまり、新鮮な卵子と新鮮な精子が受精できる時間は、排卵後6時間となります。

ですから、妊娠の確率をアップするには「排卵が始まる前に精子が待機している」状態がベスト。

費用対効果は高いクリアブルー排卵検査器

クリアブルー排卵検査器は二つのホルモンの動きを追うことで5日前から排卵日の予測ができるから、タイミング法に挑戦している人には最後の砦。

しかし、金額だけみると高いと感じてしまい、購入を迷ってしまうかもしれません。

クリアブルー排卵検査器本体と30本のテストスティックセットは6万円弱ですから、妊娠するには、最低でも6万円弱かかることになります。

人工授精だって一回あたり2万円前後でできるのに、タイミングをはかるためだけに6万円もかけるなんてと考えるかも。。。

しかし、クリアブルー排卵検査器を使って実際に妊娠の助けになるのであれば、安いと感じる方もいるでしょう。

そうなったら、実はお値段自体に文句を言う人は少ないのではないでしょうか。

むしろ、費用対効果が高いと感じる方のほうが多いかもしれません。

また、それなりの価値があるからそれなりの6万円弱になっているのであって、

例えばテレビとか炊飯器とかと同じように家電製品の一つだと考えれば6万円という値段は高いということではないのかも。

クリアブルー排卵検査器は排卵日を調べたいのではなく、赤ちゃんを授かりたい人が使うもの。

このことをどのように考えるかでクリアブルー排卵検査器の価格についての感じ方も変わります。

>>クリアブルー排卵検査器の価格はこちら

クリアブルー排卵検査器が残る心配

仮に赤ちゃんができなかったとき、のことを考えると、リアブルー排卵検査器という最新機器を、とても購入する気にはなれませんよね。

だって、クリアブルー排卵検査器を使ったのに、あれに6万円もかけたのに、という証拠品が残ってしまうのです。

でも、本当にそうなのでしょうか。

今の段階でできなかったときの事を考える必要があるのでしょうか?

妊活を諦めるタイミングは人によって全然違いますから、望みがある限りクリアブルー排卵検査器は使えます。

しかし、一般的にはタイミング法がうまくいかなければ人工授精、それでもダメなら体外受精や顕微授精と言った高度不妊治療にステップアップしていくのが普通です。

そう考えると、クリアブルー排卵検査器を最大限有効に使って、今の健康状態で妊娠の確率を最大限にしてもいいかもしれませんね。

女性が妊娠可能な時間は限られていているのですから。

迷っているなら試してほしい

体外受精や顕微授精が必要なのであれば、妊娠するためにかかるお金が5万とか10万とか言うレベルではありません。

しばしばクリアブルー排卵検査器はタイミング法の最後の手段、高度不妊治療前に頼りたいアイテムなんて言われます。

それならば高度不妊治療にかかる高額な医療費に書ける前に、ベストは方法として、クリアブルー排卵検査器を選ぶのもひとつ。

タイミング法で頑張る、まだ可能性を最大限にしたい、という方にとってクリアブルー排卵検査器は決して損をする買い物ではありません。

また、タイミング法で頑張るというご夫婦のなかに「赤ちゃんができない原因が分からない」という人たちがいるのではないでしょうか。

夫婦で一通りの検査はしたけれどどこにも異常が見つからない。

だから妊娠できて当たり前なんだけど、なぜか妊娠しない。

医者にも半ば匙を投げられた感じで、「諦めなければそのうちできるでしょう」と言われるような、原因不明の妊娠。

全体の不妊原因の約10%以下に属するケースです。

そういう人たちにとって、クリアブルー排卵検査器は今もっともタイミング法の効率を高めることができる最後の手段として使えるアイテムになります。

少なくともタイミングは絶対に会っているという確信が持てることは、今後の不妊原因を突き止めるヒントになるかもしれません。

クリアブルー排卵検査器が妊娠の確率を上げる

クリアブルー排卵検査器は、タイミング法に挑戦するのならばこの上ないサポーターになります。

排卵日の特定が正確というのもそうですが、独自の測定法で5日前から排卵日を予測できることで、タイミング通りに子作りに励むことができる。

赤ちゃんがなかなかできずに困っている人の中には、体質の問題もそうですが、パートナーとの生活スタイルの違いにより、なかなか良いタイミングで子作りに挑戦できないという事情を持つ方も大勢います。

仕事が忙しい。

早く帰って来られても疲れてそれどころじゃない。

ついつい寝てしまった。

そんなことの繰り返しでベストなタイミングを逃すこともあります。

もしかしたら「そんなことで!?」と驚く方もいるかもしれませんが、

おそらく多くが「夫婦だからってセックスは、いつでもできるものではない」ことを知っているでしょう。

5日前から排卵日を正確に予測できるというメリットは、お互いに準備する時間が設けられるということです。

仕事の調整をしても良いし、体調の調整をしても良い。

赤ちゃんができやすいタイミングは排卵の2日前がベスト。

その次に可能性が高いのは3日前。

それから排卵日まで。

と言われていますから、その間でお互いに都合の良い日をみつけるのであれば、ゆとりを持つことができます。

クリアブルー排卵検査器は産み分けに使える!

妊娠しない原因が分からないという人の他にも、「産み分け」に強い関心を持っている人であればクリアブルー排卵検査器は大活躍の可能性が。

産み分けに関心があるだけでクリアブルー排卵検査器を購入するのは少し勇気がいるかもしれません。

産み分けには挑戦したい

ぜひこのタイミングで子供が欲しい

と思っているというご夫婦にはおすすめできます。

>>クリアブルー排卵検査器の購入はこちら

女の子ができやすいのは、排卵日の2日~3日前という、排卵までは少し間があるとき。

膣内のPHを、女の子を作るX精子に都合の良い酸性に保つため、セックスは淡泊に、女性はオーガズムを感じない程度にそそくさと終えるのが良い。

さらに、長距離ランナーのようなスタミナを持つX精子に有利なよう、道程を長くするために射精は浅めにする。

こんなことが分かるはずです。

でも肝心の排卵日の2日~3日前っていう部分。

これを特定するのが難しいのですが、クリアブルー排卵検査器ならできるのです。

クリアブルーが排卵日の2~3日前を測定できる訳

クリアブルー排卵検査器は、一般的な排卵検査薬とは違い、二つのホルモンの値を計測して排卵日を予測します。

一般的な排卵検査薬は排卵の直前に上昇を始める黄体形成ホルモンが上昇しているかどうかを察知し、基準の量に達していれば陽性、達していなければ陰性を示します。

クリアブルー排卵検査器では、黄体形成ホルモンも測定するのですが、その前に上昇するエストロゲンというホルモンの上昇も同時に察知しますから、排卵日が最大5日前から分かるという機器なのです。

5日前から排卵日を予測できると言われてもよく分からないかもしれませんね。

クリアブルーは排卵日が分かるというよりもっと親切で、妊娠に適したタイミングがはっきり分かるのです。

例えば女の子が欲しい排卵日2~3日前、ちょっと排卵までには時間があるなというタイミングでは「high」というデジタル表示をしてくれます。

排卵日直前にはどうなるのかと言えば「peak」という表示をしてくれます。

このタイミングは反対に男の子が欲しいと考えているご夫婦にぴったりのタイミングでもあって、一般的な排卵検査薬で陽性反応がはっきり出るのがこのタイミング。

ということは、女の子が欲しいご夫婦がタイミングを計るのは、普通の排卵検査薬では不可能ではないにしてもちょっと難しいということ。

クリアブルーはしっかり産み分けに挑戦してみたいというご夫婦にとても親切に、一番適したタイミングを教えてくれるのです。

クリアブルー排卵検査器の購入は慎重に

クリアブルー排卵検査器を使おうと言う方は、慎重に考えた方が良いです。

タイミング法で妊娠の見込みがないのであれば、クリアブルー排卵検査器はもったいないかも。

クリアブルー排卵検査器はタイミング法を行う場合に最高のパフォーマンスを発揮します。

タイミング法で十分妊娠できる可能性があるご夫婦、不妊の原因が分からず、タイミング法以外に試すことがないご夫婦にはおすすめ。

反対に不妊に対しては全くのノーマークで、産み分けに強い関心があるご夫婦でもクリアブルー排卵検査器は大活躍。

このタイミングで妊娠したい!という意思があるならなおさら頼りになる。

余裕を持って適切なタイミングを教えてくれるから、妊娠の確率は各段に上がるし、産み分けにも迷わず気軽にトライできます。

>>クリアブルー排卵検査器の購入はこちら


関連記事

人気の投稿とページ

カテゴリー