妊活から二人目の出産と育児

葉酸を食べ物から摂るってどう考えても無理だと思いませんか?

妊娠時は特に需要が増えるという葉酸ですが、厚生労働省では妊娠前後には一日に400㎍の葉酸を摂ることを推奨しています。

ホウレンソウに換算すると100g程度と言われ、これは茹でるとお茶碗くらいの大きさの器に一杯分ほどの量になります。

これくらいならたいしたことないとはじめは思うかもしれませんが、毎日ご飯茶碗一杯分の葉酸を食べるのはなかなか大変です。

一つの食材から葉酸を摂取しとうとすると大変ですし、少なからず栄養の偏りにも繋がりますので、普通は葉酸を多く含む食材を色々組み合わせて食事をするようになるのが普通だと思います。

ホウレンソウだけでなく納豆も食べる、お肉(葉酸はレバーに豊富)やお魚も使い、アボカドやイチゴと言った葉酸が比較的豊富な果物も食べるようにする。

バランス良く色々なものを食べてやっと、葉酸の必要摂取量にたどり着きます。

これで飽きずに美味しく栄養が摂れますし、栄養の偏りも防止できますが、今度はお料理や買い出しが大変になります。

葉酸はサプリメント主体が当たり前?

食事から摂取する葉酸の生体利用率は低く、身体に取り込んだ分の半分程度しか栄養として利用されないそうです。

それを聞いて愕然とする方も多いのではないでしょうか。

なぜなら、頑張って一日の目安量に届く葉酸を摂取しても、その半分しか使われないのであればそれまでの倍の量を食べなくてはならないから。

これでは食事から葉酸を摂るってどう考えても無理な話ですよね。

料理をする手間も、コストも、量も、かさみ過ぎてしまいますから、葉酸を食事から摂るというのはほとんどの方には無理な話なのです。

妊娠を望む方、妊婦の方はサプリメントの摂取がほぼ強制ということになり、サプリメントを一通り調べてみるとどれも一日の推奨量である400㎍が基準に配合されているよう。

サプリメントがあれば、食事から葉酸を摂取しようとは一切考えなくても良いことになります。

食事から栄養を摂ろうと言われることが多いと思うけど、葉酸に関してはサプリメントがあれば十分なのです。

妊娠中はなおさら食べ物から葉酸を摂るのが難しい

妊娠の少なくとも一月前から、妊娠三か月くらいまでの間は積極的に葉酸を摂取すると良いと言われています。

妊娠の一か月前なんて分からないので、妊娠を希望する女性は早めに葉酸を意識的に摂取するということになりますが、何せ子どもの成長のために必要な栄養素なので、子どもができたときに足りないということのないようにする必要があるのです。

しかし、葉酸を食事で摂ろうとするのは無理。量が多すぎるし、料理が大変です。

それに個人差はあるかもしれないけれど、いざ妊娠したとなると食べ物の嗜好が変わったり、気持ち悪くて全然食べられないという人もいる。

サプリメントでさえ喉にひっかかる感じがして気持ち悪くて飲めないという人がいるのですから、食べ物で葉酸を摂るのなんて無謀です。

葉酸はサプリメントを補うように食事する

葉酸に関しては、サプリメントで補えない分の栄養を食事から摂ると考えてみるのはどうでしょうか。本来ならば食事で足りない分をサプリメントで補いますから、反対の考え方です。

葉酸サプリは充実している。葉酸を食事から摂りきるのは無理。

サプリメントは一日に数錠で400㎍の葉酸が摂取できて、他にも鉄とかカルシウムとか、妊娠時には必要と言われる栄養素を同時に含むものが主流です。これで葉酸は十分でしょう。

しかし人工的に作られたサプリメントですから、どうしても栄養の漏れがある。

サプリメントだけで栄養を補えると考えるのは危険かもしれませんが、少なくとも葉酸に関してはサプリメントをメインに据える。

その上でビタミンやミネラルだけでなく、糖質や脂質やたんぱく質といったもののバランスを意識した食事を摂るのがベストではないでしょうか。


関連記事

カテゴリー