妊活から二人目の出産と育児

葉酸を食べ物から摂るときに気を付けるべきことは食べ過ぎないことが一番ってどういうことですか?

400㎍の葉酸を食べ物から摂取するのは至難の業です。

効率よく葉酸を摂ろうとするあまり特定のものを食べ過ぎてしまうのは危険。

例えばホウレンソウなどであれば栽培も比較的容易ですし、家庭菜園で作って大量に食べるという方もいらっしゃるかもしれません。

アボカドなら大好きだからと言って、通常の食事を削ってでも毎日3つも食べたりなんてする方もいないとは限りませんね。

そこまで極端でなくても、特定の栄養を摂ろうとするとセットで気にしなければならないのは、特定の食材の食べ過ぎです。

特定の栄養が目当てでも、食べ過ぎは危険

なんでもほどほどに食べるのが一番体に良い食べ方です。

例えばホウレンソウは(特に生で)食べ過ぎると、尿路結石の危険性が高まる可能性があると言われますし、アボカドを食べ過ぎるとビタミンEの過剰摂取となることがあり、吐き気などの症状を催すことがあるかもしれません。

いくら体に良くても、過ぎれば毒になることがあるのです。

もちろんそれはサプリメントにこそ言えることですが、サプリメントは目安量がはっきりと書かれているから、食べ物のようにいつの間にか摂りすぎているということがあまりありませんよね。

食べ物は自然から吸収した栄養を含むので、栄養が複雑に混ざっていることもあれば、ときには多く摂りすぎることで体に毒になるものを含むことも考えられるため、十分な注意が必要です。

とは言え、身体に害になるほどの量を食べるというのはよっぽどのこと。

大抵はお腹がいっぱいになる方が先だと思いますし、飽きて食べられなくなるものでしょう。

ただ、栄養を摂りたいからと言って無理をして食べるようなことはしないようにしましょう。

偏食による、カロリーの心配

特定のものを食べ過ぎることは栄養の偏り、思わぬ害を体に入れてしまうことのきっかけになるだけでなく、カロリーの摂りすぎという問題にもつながります。

サプリメントであればカロリーの心配をする必要はほぼありませんが、食べ物の多くには少なからずカロリーが含まれるので、栄養素にばかり気を取られてカロリーのことを考えずにいると大変です。

特定の栄養を摂りすぎるという点とも同じ話になりますが、脂質の摂りすぎや糖質の摂りすぎで肥満が引き起こされることもありますし、体脂肪の増加で糖尿病の発症リスクも高まってしまう可能性だってあります。塩分だって高血圧症のもとですから危険ですよね。

栄養のムラを解消する、適度なサプリメントの使用

健康志向な方ほど、栄養は食べ物から摂りたいと考える方が多いのではないかと思います。

しかし、十分な栄養を摂ろうとすればするほど特定の何かを摂りすぎてしまうというリスクも負うことになります。

普通サプリメントは、足りない分を補うようにして使うという考えが普通だと思いますが、栄養が足りない状態にはただ単純に足りないということのほかに、自然に食事をした上で生じてしまう偏りを解消するという意味でもあるのです。

例えば、どうしてもお魚が食べられないという方が不足しがちなミネラルをナッツから摂ろうとすると、今度はビタミンEなどの摂りすぎが問題になるかもしれません。

このように、食べられないものや事情がある方は、食事でバランス良く栄養を摂るのが難しい。

そういう方は、無理に食べ物から栄養を摂るのではなく、ミネラルサプリメントを使用するとスマートだという風に考えると、上手に利用することができるのです。

葉酸についても同じことが言えます。葉酸は圧倒的にサプリメントが推奨されることの方が多いですが、やはり栄養補助食品に違いはありません。

必要量が増える妊娠期には、食べ物から色々な栄養を摂ることを意識しつつ、特定のものを摂りすぎずに済むよう、適度にサプリメントも利用しながら食事をすることをおすすめします。


関連記事

カテゴリー