妊活から二人目の出産と育児

葉酸を食べ物から摂るメリットはなんですか?

妊娠中、もしくは妊活中、葉酸を効率よく摂取したいのであれば、葉酸サプリを使うのが早いでしょう。

食べ物からでは理想通りの量の葉酸を摂ることは難しく、食事だけで必要量を満たそうとするとどうしてもどこかで無理が生じてしまいます。

でもできるだけサプリメントに頼りたくないという方もいますよね?

サプリメントが嫌な訳じゃないけど、あまり信用していないというか、サプリメントだけで栄養が足りていると思ってしまうのが何となく怖いと感じたことがある方はいませんか?

確かに効率だけ考えればサプリメントには敵わないでしょう。

しかし、食べ物から葉酸を摂ることには意味がありますし、大きな魅力があります。

それは、目当ての栄養素以外の栄養も一緒に摂取できるということ。その絶妙な組み合わせによって効果が跳ね上がること。

葉酸を目当てに食べても、他の栄養素が摂れる食材

例えば、葉酸を多く含む食材でよく紹介される納豆では、一緒に鉄分、タンパク質、亜鉛などの栄養素を摂ることができます。

果物で言えばアボカドが良いでしょう。葉酸をはじめとするビタミンB群やビタミンEなど10種類ものビタミンを含み、カリウムやマグネシウムなどミネラルも豊富です。

さらに食物繊維まで豊富で、世界で最も栄養価が高く美容効果も絶大な果物として知られている食材です。

ビタミンEが多く含まれるというカボチャも捨てがたい食材です。葉酸はもちろん、ビタミンCやベータカロテンのようなビタミンも含まれる上、カリウムやカルシウムなどのミネラルも豊富で、健康的な体を作る栄養がたっぷり摂れます。

また、これは苦手な方も多そうですが、葉酸が必要なのであればレバーが圧倒的におススメなのです。葉酸はビタミンB12と手を組むことで健康な赤血球細胞を作る働きもするのですが、レバーには葉酸もビタミンB12も、ついでに鉄分も豊富に入っており、血気盛んになれます。

ミネラルの中で妊活中、妊娠中に必要なものを挙げるとすれば、鉄分の他には亜鉛などが必要です。亜鉛であれば牡蠣が有名だと思いますが、これは納豆にも(豚)レバーにも含まれる栄養素です。

生命はサプリメントよりも複雑

食べ物はそれぞれの姿で生きていた命ですから、どんなものでも絶妙なバランスを持って成り立っています。

私たちは食べ物から得られる主要な栄養素に注目しがちですが、実は微量ながらいくつもの栄養素を含んでいて、どれだけ微量でも捨てることのできない栄養を含んでいるのです。

食べ物には、人工物ではどうしても再現できないバランスの黄金比というものがあるのではないでしょうか。

私たちは日々、食べ物からそういったものを少しずつ分けてもらい、身体の中から再構築してやはり自分たちにとっての絶妙なバランスを保っています。

そのためにはいろいろなものを食べなくてはいけなくて、たくさんの栄養素を混ぜ合わせなくてはなりません。

多くの葉酸サプリメントは葉酸だけを配合するものとはなっておらず、多くの栄養素を含むマルチサプリのようになっています。

バランスもよく考えられていて、食品のように栄養のムラがないという利点はありますが、自然に混ざり合った栄養でないため、それぞれの栄養に関連性が少ないのです。

栄養の自然な来歴を食べる

例えば、野菜や果物には色鮮やかなものが多く栄養もたっぷりなものが多いですよね。

ビタミンだけでなくミネラルも自然に含まれている。どうしてこんな風になるか、考えたことはあるでしょうか。

野菜は自分の身体を守るために、抗酸化作用のあるビタミンやアルカノイドをその身に蓄えています。ミネラルは大地から受け取った栄養素でしょう。日当たりや土の性質によって、野菜や果物の性質も変わります。

このように、食材に含まれる栄養素にはそれを含む理由があり、それぞれの栄養素に自然な来歴、自然の知恵があります。

サプリメントはこういった必然性がなく、ただ私たちに必要な栄養を機械的に組み込むことができるから効率は良いのですが、そこはかとない物足りなさがあります。

サプリメントが良くないというのではなくて、自然の食べ物には人口のサプリメントにないものがあるということなのです。

そしてそういった生命が詰まった栄養と知恵を私たちは頂いて、自分たちの体を作っているのです。


関連記事

カテゴリー