妊活から二人目の出産と育児

葉酸サプリに流産を防ぐ効果があるのは本当か

葉酸サプリは妊娠を予定している女性、妊娠中の女性にとっては必須のビタミンで、厚生労働省からも、妊娠の予定のある女性は一日400μgの葉酸を摂取することが望ましいというお達しが出ています。

この葉酸ですが、ポイントがあって、理想は妊娠前から摂取することが望ましいです。

妊娠初期で特に必要量が増え、神経管閉鎖障害のリスクを下げる効果が期待されている栄養素ですので、妊娠のはじめの段階で体内に十分な量の葉酸があることが望ましい。

さらに葉酸に期待されている効果として、流産を防ぐというものがあります。

妊娠のごく初期での流産である科学流産や、何らかの理由で胎内の赤ちゃんが成長できずに亡くなってしまう繋留流産を防止する効果があると言われているのです。

その仕組みはどんなものなのでしょうか。

 

葉酸はどうやって流産を防ぐの?

葉酸の働きは、血を作ることとDNAの複製を正常に促すことが挙げられます。

この働きから、貧血を予防・改善したり、細胞分裂が激しい赤ちゃんの成長をサポートしたりする役割があるとされており、特に妊娠初期では大活躍なのだとか。

さらに葉酸が妊婦さんの体に直接関わる作用としては、子宮内膜を厚く強化し、受精卵を守る機能を高めると言われています。

これらのことから、葉酸には流産のリスクを軽減する効果があると厚生労働省もその摂取の重要性を説いているのです。

 

葉酸さえ飲んでいれば妊娠は安泰なのか

葉酸は妊娠を維持する上で欠かせないビタミンに違いありませんが、葉酸さえ飲んでいれば安心ということはありません。

流産の原因は多岐に渡り(多くが原因不明)、葉酸だけで全てが解決できる訳ではありません。

確かに葉酸は、一種の流産の原因リスクを軽減する力はあるでしょう。

しかし葉酸だけで全ての流産を防ぐことはできません。流産を防ぐお薬なんかではなく、あくまで一つの妊娠をサポートする栄養素なのです。

サプリメントを使用するのであれば葉酸だけではなく様々な栄養をとること、特に葉酸を助けるビタミンCやビタミンB12などの栄養を意識しましょう。

また、何よりご自分の体が心身ともに健康であることが一番大切です。どの栄養が足りないから流産するとかよりも、妊娠や出産は生命力を非常にたくさん使う行為だからこそ、ピークの時期にしか行えない特別なことなのだということをよく考えましょう。

 

流産のリスクを下げるなら、妊娠の確率も上げるの?

葉酸は赤ちゃんの生育や妊娠の維持に役立つから、流産のリスクを下げます。

じゃあ反対に、妊娠しにくい人が妊娠しやすい体を作るにも葉酸は役に立つの?と期待する方も多いのではないでしょうか。

結論から言って、葉酸に妊娠の確率を高める力はありません。

ありませんと言い切るのもおかしな話ですが、そのような効果は期待されていないということです。

妊娠の確率を上げたいのであれば、むしろ葉酸を摂って欲しいのは旦那さんの方。

葉酸には細胞分裂を正常に促すという作用がありますから、質の良い精子を作るために働く作用があると言います。

流産の原因として、染色体の異常というものもあります。言い方は悪いですが染色体の異常を持つ受精卵は生命にとっては失敗と認識され、流されてしまう確率が高くなります。

一定数失敗した細胞があることは仕方ないのですが、神様の匙加減によってその欠陥を持つ命が成長するかどうかは決められてしまう。

ならば、そもそも染色体異常がない健康な細胞を作れることが大事ではないか、葉酸にはその力があるのではないかと言われています。

 

(化学)流産しやすいです、という方へ

中には、体質で流産しやすいという方もいるようです。

流産と言っても色々な種類がありますが、例えば着床のすぐあとに発育が止まってしまう化学流産はいわゆる流産とは区別されています。

 

この化学流産も葉酸で防げるのかというと、防げる場合もあるし、防げない場合もあると言うのが正直なところです。

化学流産を知るのは、多くの場合感度の高い妊娠検査薬を使いフライング検査を行った場合です。そういう意味で、本来知らなくても良かったことであり、そういう意味で流産と数えるのは正しくありません。

そう考えれば運の要素が強い部分でもあり、努力でどうこうできない領域の場合もある。

しかし、子宮内膜が十分に厚く発達せず、着床ができないというような原因がある場合、もしかしたら葉酸で流産が防げることもあるかもしれません。

 

流産してしまいますという方

基本的に、あまり流産を繰り返すのであれば、何らかの異常があると思った方が良いでしょう。

原因はやはり多岐に渡りますが、どこかに妊娠を妨げる決定的な障害があるからこそ、複数回の流産を繰り返してしまう、と考えられるのです。

その場合、「不育症」という名が当てはめられ、治療が必要になることがあります。

 

葉酸は流産のリスクを下げる効果が期待されているけれど、実際は妊娠をサポートするという言い方の方が正しいと思います。

とても葉酸だけでは対処できない原因の流産もあるのですから、普段妊娠しにくいとか流産しやすいと自分の体に感じている方が、葉酸を飲んで様子を見るというのは治療の機会を損なわせる可能性があります。

葉酸は流産のリスクを下げる、という言葉を安易に信用してしまうのは危険です。

はっきり申し上げて、サプリメントで流産が回避できるのであれば誰も苦労しません。

多くの場合、流産の原因は不明であったり、いくつかの要因が重なったりして起きます。

精神的なストレスも大きく影響すると言います。

葉酸サプリは流産のリスクを下げるということは一般的に知られていることですから、決して無駄ではありません。

しかし同時に、気休めであるということも、よく意識して、流産しやすいのであればしっかり対策を取る勇気も必要だと思います。


関連記事

カテゴリー